« 女流棋士の竹俣紅ちゃん、かわいい!(毒舌の竹部さゆりさんとの対決!) | トップページ | 今、となりのトトロ見てるんだけれど、なんかさつきとメイのパンツ見えすぎじゃないのか? »

2014年7月11日 (金)

”九月が永遠に続けば”を読んだ。

なかなかドロドロしたお話で、私はこういうのは苦手、、、でもそういう人間関係を書ききっているところに力量があるということになるのでしょう。帯でエロいとかありましたが、エロくはないです。

精神科の医師と離婚をした佐和子は、自動車教習所の教官と不倫(じゃないな、離婚しているから)していた。ある日、高校生の一人息子が失踪し、その教官が事故死するなど不穏な動きが。医師の後妻には凄惨な過去があり、その娘と息子が会っていたのか、、、

謎解きミステリという感じではないですが、怖いサスペンスです。

一つだけ、関西のおじさんを悪く書き過ぎという、、、何か知り合いにそういう人がいるのだろうか。

« 女流棋士の竹俣紅ちゃん、かわいい!(毒舌の竹部さゆりさんとの対決!) | トップページ | 今、となりのトトロ見てるんだけれど、なんかさつきとメイのパンツ見えすぎじゃないのか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56245375

この記事へのトラックバック一覧です: ”九月が永遠に続けば”を読んだ。:

« 女流棋士の竹俣紅ちゃん、かわいい!(毒舌の竹部さゆりさんとの対決!) | トップページ | 今、となりのトトロ見てるんだけれど、なんかさつきとメイのパンツ見えすぎじゃないのか? »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ