« 埼玉の入間にある古都さんは、デカ盛りで有名(今ナニコレ珍百景見ていて) | トップページ | 8/14の秘密のケンミンショーで千葉 木更津の謎のフライと大阪のイカ焼きを紹介。 »

2014年8月14日 (木)

”高い城の男”(フィリップ・K・ディック)を読んだ。

なんとリドリースコットによってドラマ化されるということで、、、

http://japanese.engadget.com/2014/07/30/amazon/

ディックの作品は結構読んでるけれどこれはなんとなく避けてた(歴史改変小説って基本あまり好みじゃない)のを読んでみた。

で、第二次世界大戦で日本とドイツが勝った世界を描いたもの。アメリカは日本とドイツに分割統治されている世界。ドイツが火星までロケットで行っているのに対し、日本はアメリカの古美術集めに熱中。。。でもドイツはナチスが幅を利かせ、狂気の行動を起こしているのに対してまあ、日本はそこそこ好意的に書かれていたり。

面白いのは小説内小説、”イナゴ身重く横たわる”が流行(ドイツでは発禁だけど)していて、その小説は実際の世界に近い、日本とドイツが負けていた世界を描く。

で登場人物の多くが自分の行動を易(易経)で占う世界なのだ。

http://www.aki-ta.com/eki/

こんなに占ってていいのだろうか、と思ったら最後に易が何を伝えているかがわかるという。。。

ネタばれかもしれませんが、小説内の世界がパラレルワールドで、易は現実を知っていて、田上もあることを通じてその一端を知る、、、ということなのかな。

« 埼玉の入間にある古都さんは、デカ盛りで有名(今ナニコレ珍百景見ていて) | トップページ | 8/14の秘密のケンミンショーで千葉 木更津の謎のフライと大阪のイカ焼きを紹介。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/60144880

この記事へのトラックバック一覧です: ”高い城の男”(フィリップ・K・ディック)を読んだ。:

« 埼玉の入間にある古都さんは、デカ盛りで有名(今ナニコレ珍百景見ていて) | トップページ | 8/14の秘密のケンミンショーで千葉 木更津の謎のフライと大阪のイカ焼きを紹介。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ