« ”おやすみラフマニノフ”を読んだ。 | トップページ | へびを踏みそうになった。。。 »

2014年8月22日 (金)

”愛娘にさよならを(刑事 雪平夏見)”を読んだ。

前作で撃たれてどうなったんだ、というところから始まるストーリー。やっぱり重症でした。

「ひとごろし、がんばってください」-幼い字の手紙を読み終えると、男は温厚な夫婦を惨殺し、水に沈めた。残された「ひとごろし、がんばりました」というメッセージ。

そして連続殺人が起きる。。。

この真相は久々にすごいの読んだ気がした。子供がどうかかわっているのか、がこういう形だったのかと。でも雪平さんにとってはつらい結末に、、、これ、もしかしてシリーズ終わり?

« ”おやすみラフマニノフ”を読んだ。 | トップページ | へびを踏みそうになった。。。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57511720

この記事へのトラックバック一覧です: ”愛娘にさよならを(刑事 雪平夏見)”を読んだ。:

« ”おやすみラフマニノフ”を読んだ。 | トップページ | へびを踏みそうになった。。。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ