« え!動く植物がいるの?(音に反応するマイハギ、世界最速のトリガープラッツ) | トップページ | カメラで数式を撮ると答えを計算してくれるアプリ、PhotoMathがどのレベルまで計算してくれるか見てみた。 »

2014年10月22日 (水)

10/22のNHKためしてガッテンは"肌荒れ、肩こり、腎臓病…原因はまさかのノドの腫れ!?"。ニオイ玉って初めて知った。

"風邪はノドから…”その体質に潜む病SP"で、のどから出るニオイ玉?なんだそれは、と思って見てました。膿栓とかくさい玉とかいうらしいです。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/schedule/

以下速記メモ。

こんなうわさを聴いたことがある?せきをしたとき、奇妙な玉が口から出てくることがある。街の人に聞いてみたら、、、あれ?結構みんな知ってる。100人中32人が出したことがあるって。

でもこれがなんの意味があるの?ある女性はこの玉のせいで病気になった。腎臓病に繋がった!さらにこれをほうっておくと肩こり、心臓病、肌の荒れ、大腸炎、関節炎、目の疲れなどなどになりうるって。これは一体何なんだ?

ゲストの内山信二くんは出したことがあるって。山瀬まみさんと小林幸子さんはないそうだ。

実物をカプセルに入れて見せてくれたが、うわ、、、なんか気持ち悪い。ニオイ玉と呼ばれる。

静岡県の藤田幸江さん。10年以上前からニオイ玉が頻繁に出たということでした。うがいと化したときに出る。当時、食事がのどに使えることがよくあった。食べ物のカスが溜まったと思っていた。しかし急に体調を崩し、のどの痛みが続いた。ようやく直りかけたころ、血尿が出た。病院で検査を受けたら、腎臓病と診断された。しかも意外なことにのどにできたニオイ玉と関係があった。食べ物が口の奥で腐敗したものが出たと思っていたが違う。

さらに埼玉の橋本京子さん。以前からのどに異物感を感じることが多かった。手足の発疹が出来た。病院に行っても原因は不明。でもどんどん進行していった。ついに24時間手袋をするようになった。うわ、写真見せてもらったらほんとに爪までぼろぼろで真っ赤。このままぼろぼろに、と思うと涙も止まらなくなった。

病気とニオイ玉にどういう関係があるのか?藤田さんはIgA腎症http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/zinzo/kanja02_07.html、橋本さんは掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう http://www.dermatol.or.jp/qa/qa27/ )と呼ばれる病気にかかっていた。

2人の共通点は、風邪をひくといつものどから症状がでていた。

扁桃はのどの両脇にある丸い部分だが、でこぼこしている。凹凸のへこんだ部分にニオイ玉が入っている。鏡でゲストも見てみる。

ニオイ玉ってどんなニオイ?ではのど自慢の予選会場に向かう。で出演者ののどをチェック。小田切千アナウンサーが司会で、、、

でもみんな大丈夫。さすがのど自慢。。。と思ったら31人目で見つかった。通事健さん。ああ、ほんとだ扁桃に白い玉みたいなのがある。それを取り出し、神奈川歯科大学の山本龍生さんに電子顕微鏡で見てもらうと、、、おぞましいと言われた。あまり長い時間見ない方が。。。とも。

一体何が映っていた?

5mmの玉を拡大していくと、、、正体がわかるって。何だろう?

1万倍にすると?うわわわわ、菌だらけだ。細菌のかたまりだった。

歯周病菌とか大腸の悪玉菌のような細菌だって。こういう細菌の出す臭いは卵の腐ったようなにおいになる。

正式名称は膿栓(のうせん)と呼ばれる。ひときわ多くみつかったのはバクテロイデスの仲間。1mmの大きさに1~2億の細菌が密集している。

極悪なばい菌は空気や食べ物でさっそくのどにとりつく。しかしT細胞が命令し、仲間の免疫細胞が攻撃する。で免疫細胞が戦っている証拠が扁桃腺など。実はニオイ玉は細菌の死骸のかたまり。ところが、、、この戦いが長く続くと、もう免疫が疲労してしまって、、、あれ?体のあちこちで大暴走してしまう。T細胞がめちゃくちゃな指令を出し始めている。

なので、実は膿栓そのものは問題ない(死骸だから)。免疫細胞たちが悪さをしていた。

まずはT細胞くんが登場。扁桃のところにいる。日ごろからばい菌と戦ってる。扁桃はリンパ組織の一部。扁桃以外にもリンパ組織は存在する。体のあちこちのリンパ組織にT細胞くんがいる。心臓は心臓の近く、腎臓は腎臓の近くで守ってくれてる。

でも急に扁桃のT細胞くんがめちゃくちゃな間違った指令をだすことがある。それで全身に免疫細胞が向かっていってしまう。敵がいないのに過剰に攻撃をしてしまう。これが病気の原因。

扁桃のT細胞は他とは違う。それはなに?

直(じか)だから。他のは体の中にあるが、扁桃だけが外にある。それで疲れてしまう。

膿栓は扁桃のT細胞が戦い続けた結果。

昔の人は扁桃を切っていた人がいる。それはどうなるの?と山瀬さんの質問。

それに応えてくれるのは和歌山県立医科大学の山中昇さん。

日本で研究が進んだのはこの10年くらい。一般の人はあまり知らない。慢性扁桃炎と呼ばれる病気。のどのイガイガ感や違和感が一カ月以上続く、膿栓が月に3~4回でるのが3カ月以上続く、なら疑う。

治療としては炎症を抑える薬の仕様やうがい、あるいは膿栓を取り除くこともできる。

放っておいて重症化するのは一部の人たち。

でも全身が発疹などの肌荒れが出た場合の治療は?あるいは腎臓病を抑える治療は?

扁桃を切除する手術だ。免疫は落ちない?体の他のリンパ組織が補ってくれるので大丈夫だって。とるとおよそ50%の人が完治。90%が効果ありだって。

でも知らないお医者さんもいるんじゃ?この番組見てと山中さん(笑)。

では次に、予防する方法はどんなの?

のど自慢の通事さんのところに向かう。一回せきがでるとずっと続くって。予選会の映像に扁桃炎の原因の証拠が映っていたとか。それは何?

私の予想は、、、ずっと口をあけているから?違うかな?

ヒントは動物病院の岩崎先生。犬なども扁桃炎にかかることある?と質問にはそれはあんまり聴いたことないって。猿もないんだって。

犬や猿はやらないけれど通事さんがやってることは?馬もやりません。

かけっこをするとわかる。馬と人間がかけっこしてその後の様子を見ると。人間は息があがる。馬は鼻が動く。ということで人間は口で息をし、動物は鼻で息をする。

あ、やっぱり口で息をしていることが多いからだ。口呼吸をすると乾燥しやすくなり、慢性扁桃偏になりやすい。私の場合は結構鼻呼吸してるな、そもそもあまり口を開けないから、、、。癖の人もいるが、口輪筋の衰えがあると口呼吸になる。衰えを知るには?

ペットボトル(1ℓの水が入ったもの)直径3cmのボタン、そして糸。ボタンに糸を通し、その糸をペットボトルに結び付ける。唇と歯の間にボタンを入れて持ち上げられたらOK.出来なかったら衰えている。

5秒間持ち上げては降ろす、を1日20回やると鍛えられる。

癖の人は?部屋の目立つところにシールを貼る。それを見るたびに口を閉じるようにする。認知行動療法というらしい。

« え!動く植物がいるの?(音に反応するマイハギ、世界最速のトリガープラッツ) | トップページ | カメラで数式を撮ると答えを計算してくれるアプリ、PhotoMathがどのレベルまで計算してくれるか見てみた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/60528074

この記事へのトラックバック一覧です: 10/22のNHKためしてガッテンは"肌荒れ、肩こり、腎臓病…原因はまさかのノドの腫れ!?"。ニオイ玉って初めて知った。:

« え!動く植物がいるの?(音に反応するマイハギ、世界最速のトリガープラッツ) | トップページ | カメラで数式を撮ると答えを計算してくれるアプリ、PhotoMathがどのレベルまで計算してくれるか見てみた。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ