« ”擬態”を読んだ。 | トップページ | 今、サンダーバードが近江舞子付近で鹿と衝突!後続の最終のサンダーバードが遅れてる、、、 »

2014年10月 3日 (金)

「倒錯の死角(アングル)[201号室の女]」を読んだ。

なんと結末が袋とじになっているという面白い構成。電車の中で袋とじ開けるの、ちょっと勇気がいったり。

で、これ私なにかで叙述物だ、って聞いてしまっていた。

たいてい叙述は叙述と知っていると面白さ半減なんですが、これは知っていても全く関係なかった。こうくるか!と言う感じ。

でも、実際にその登場人物が踊ったりしているのを想像すると笑える、、、

でも最後の最後は笑えない結末に、、、

« ”擬態”を読んだ。 | トップページ | 今、サンダーバードが近江舞子付近で鹿と衝突!後続の最終のサンダーバードが遅れてる、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56647066

この記事へのトラックバック一覧です: 「倒錯の死角(アングル)[201号室の女]」を読んだ。:

« ”擬態”を読んだ。 | トップページ | 今、サンダーバードが近江舞子付近で鹿と衝突!後続の最終のサンダーバードが遅れてる、、、 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ