« ライトアップされた東寺 | トップページ | 「倒錯の死角(アングル)[201号室の女]」を読んだ。 »

2014年10月 2日 (木)

”擬態”を読んだ。

”転落”を読んで面白かったのでこれも読んでみた。タイトルの擬態ですが、誰が誰の擬態をしているかが最後まで分からなかった、、、

成り行きで家出少女と同居を始めた女子大生ナナミは、友人の死に責任を感じつつ生きる元ヤンのクニコとおざなりなメールのやり取りを続けていた。二人が出会うとき、意外な事実が明らかになる。

転落と違って、こちらは救いがある結末です。しかし作者が女性だけあって、前作もそうだけど女性描写が緻密ですよね。しかしいちばんいいおもいをしたのは先生、、、というのは男目線か?

« ライトアップされた東寺 | トップページ | 「倒錯の死角(アングル)[201号室の女]」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56984405

この記事へのトラックバック一覧です: ”擬態”を読んだ。:

« ライトアップされた東寺 | トップページ | 「倒錯の死角(アングル)[201号室の女]」を読んだ。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ