« 松田優作さんの探偵物語、次回予告がめちゃくちゃ楽しみだったんだけど、それをまとめてくれた動画が! | トップページ | フォン・ノイマンは暗算、フェルミは計算尺、ファインマンは手回し計算機で計算し、フォン・ノイマンが圧勝したというのは日本だけのガセ。森毅の創作らしい。 »

2014年11月16日 (日)

怪盗グリフィン、絶体絶命 を読んだ。

法月さんがこういう冒険活劇!を書くのは初めてみた。これなかなか楽しい小説でした。最後の訳者の、、、ああ、これは読んでみて。

あるべきものを、あるべき場所に、が信条の怪盗グリフィンに、メトロポリタン美術館にある贋作のゴッホをすり替えてほしいという依頼が。しかしそれは巧妙な罠の始まりだった、、、

というものですが、これ、ミステリーランドという子供向けに書かれたものなんですよね。これは私も子供のころに読みたかったくらい面白い。ちゃんとミステリ要素もありますよ。

« 松田優作さんの探偵物語、次回予告がめちゃくちゃ楽しみだったんだけど、それをまとめてくれた動画が! | トップページ | フォン・ノイマンは暗算、フェルミは計算尺、ファインマンは手回し計算機で計算し、フォン・ノイマンが圧勝したというのは日本だけのガセ。森毅の創作らしい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/60548597

この記事へのトラックバック一覧です: 怪盗グリフィン、絶体絶命 を読んだ。:

« 松田優作さんの探偵物語、次回予告がめちゃくちゃ楽しみだったんだけど、それをまとめてくれた動画が! | トップページ | フォン・ノイマンは暗算、フェルミは計算尺、ファインマンは手回し計算機で計算し、フォン・ノイマンが圧勝したというのは日本だけのガセ。森毅の創作らしい。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ