« 12の大学院生のタイプ、9のPIのタイプそして9のポスドクのタイプ。 | トップページ | 2/22のほんわかテレビでぜいたくな品物の特集やってた。 »

2015年2月22日 (日)

2/22のNHKスペシャルは"腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー"でした。

最近、胃腸の調子がいまいち、なのですが、前々から腸内細菌の話には興味があったのでどんなもんだろう、なんか調子良くする方法あるのかな、と見てました。以下メモ。

美容と健康を保つ知られざる仕組みが私たちの体の中にある。腸の中に目に見えない小さな生き物が住んでいる。100兆匹以上の細菌たち、、、細菌フローラ。フローラとはお花畑という意味。その研究が医療を変えようとしている。国家プロジェクトが次々始まっている。

がん、糖尿病、肥満、アレルギー。これまで考えられなかった病気が腸内フローラとの関係が見つかっている。最新治療にも生かされ始めている。腸内細菌を入れ替えるという最新の治療で元気になった女性の例も紹介される。そして美容にも。ある物質の力でお肌のしわが減少。脳にまで影響するとのこと。・・・とここまでがイントロ。

イノッチがスタジオに登場。腸内フローラとは腸の中の生態系だと。また宮崎美子さんとパパイヤ鈴木さんもゲスト。

まずはどんな細菌がいるのか?パパイヤ鈴木さんの腸内細菌がパネルになっている。東大の服部正平さんが解説。ラクトバチルスなどの乳酸菌などがある。200種類以上。人それぞれ違う。少しずつ変化するが、大きくは変わらない。で、パパイヤさんのは不明な菌がいっぱいある。

5~6年前から全体像が分かってきて名前がついている。ウンチの3分の1以上は腸内細菌だって。おなかの中に1~2kgも腸内細菌がある。

全身に影響していることはワシントン大学ジェフリー・ゴードン博士が肥満に関する研究で示した。https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/siwusm2/

マウスを隔離して、細菌がはいらないようにしたマウスに人間の腸内細菌を移植した。肥満の人の腸内細菌を入れる。やせている人のも入れる。そしてエサも運動量も一緒にしたのに、脂肪の量が肥満の人の腸内細菌を入れたのがあがった。それはバクテロイデスなどが少なかった。

http://www.daiwa-grp.jp/dsh/results/37/pdf/13.pdf

腸内細菌は我々が食べたものを栄養にしている。食べた時に様々な物質を出す。それが重要な働きをしていることが分かった。バクテロイデスは短鎖脂肪酸を出す。腸から吸収され、血液中に入ると、全身に回る。そうすると余分な脂肪の取り込みが収まる。

さらにもう一つの役割がある。筋肉に作用し、脂肪を燃やす働きだ。

様々な細菌がいろんな効果があるものを出している。老化の防止もその一つ。エクオールという物質を出す。松永佳世子さんの研究。

http://www.hc-sys.com/#!equol1/c1sas

エクオールを飲むとしわが浅くなっていく。コラーゲンを増やしたと考えられている。

慶應大学の伊藤裕さんが加わる。腸内細菌は種類と数が多いことが大事と語る。食物繊維がキーワード。食物繊維は腸内細菌のエサになる。ごぼう、たまねぎ、アスパラガスなどの野菜と納豆、大豆などの豆類などがいい。エクオールは大豆を腸内細菌が分解して作る。

体質といってしまうと遺伝子と思ってしまうが、実は腸内細菌が決めているかもしれないとのこと。

次は実際の治療。アメリカ農務省の中、ベンチャー企業の研究室。糖尿病はインスリンが出にくくなることから生じる。短鎖脂肪酸が減るとインスリンも減る。これを増やすにはどうしたらいいのか?

ポリフェノールと食物繊維を配合して、薬を開発。ルイジアナ州立大学の糖尿病の権威、フランク・グリーンウェイ博士。食後のインスリンが多くなっていた。

東京・有明。がん研有明病院では便を集め腸内フローラを調べている。

原英二さん。がんを引き起こすものを見つけた。アリアケ菌。DCAを出す。DCAは人の細胞に作用して老化を引き起こす。それががんになる。Scienceの最重要項目にも選ばれた。

肥満にもアリアケ菌が増えていることが分かった。

またナッツ菌というのはいい菌。前立腺がんを予防する。

イントロで病気になった女性の治療は便微生物移植を行った。健康なひとから便をもらって、チューブで直接病気の人に流し込む!

欧米のガイドラインでは強く進められる治療法。臨床試験も日本でも始まっている。

http://www.asahi.com/articles/DA3S11126765.html

脳にも関係する?という話。マクマスター大学、カナダ。マウスの実験。プレミシル・ベルチック博士。性格が全く違うマウスを作った。臆病マウス。活発マウス。台に乗せると活発マウスは17秒とすぐに降りる。臆病マウスは5分立ってもおりない。

なにが違う?遺伝子の違い?しかしベルチックさんは腸内フローラにも違いがあることを見つけた。活発マウスの腸内フローラを臆病マウスに移植、その反対も行った。

そうすると警戒心が臆病マウスは下がり、活発マウスは上がった。

コミュニケーション能力にも関係することも分かってきた。マウスは超音波で呼びかけをする。コミュニケーション能力が低いマウスは、イレイン・シャオさんがある物質が増加していることを確かめた。4EPSという物質。

人の脳にも影響がある?神経ネットワークを電気信号がやり取りしている。脳の外にも繋がり、集中している場所は実は腸。脳に次いで多い。腸管神経系と呼ばれている。腸内細菌が出す物質の中には神経細胞に影響を与えるものがあることが分かってきた。これが感情などに影響を与える。すでにうつ病の治療に使う研究が始まっている。

細菌は大きく70グループに分けられるが人間にいるのは4グループのみ。人間がそれを住まわすことを許した。

ではどうやって選ぶのか?お母さんのおなかの中の胎児は全く菌がいない。細菌と初めて出会うのは誕生の瞬間。口や鼻から入った菌が腸にたどり着く。入った菌が全て住みつけるわけではない。必要な細菌だけを住まわせる仕組みがある。シドニア・ファガラサンさんが調べている。http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120427_2/

http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140711_1/

IgA抗体が腸内細菌の回りにびっしり。抗体は体の中の細菌を殺すもの。しかし、不思議なことに菌は死んでいない。IgA抗体は攻撃するためではなく、助けるために働いている。必要な菌だけを選んで腸に住み着かせている。腸の中には流れがあるので住み着くのは簡単じゃない。粘液層ならいいが、粘り気が強く細菌が入れない。IgA抗体に選ばれた細菌だけが粘液層に入れる。

腸の壁から大量のIgA抗体がわき上がる。粘液層の表面に達する。表面近くにいた細菌にとりつき、粘液層の中に取り込んでいく。抵抗が減るから入れる。へえー、知らなかった。すごいメカニズムですね。

今まで膨大すぎて複雑で調べられなかったものが、ようやく今の技術で調べられるようになって分かってきたって。

食物繊維を食べよっと。

« 12の大学院生のタイプ、9のPIのタイプそして9のポスドクのタイプ。 | トップページ | 2/22のほんわかテレビでぜいたくな品物の特集やってた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/61180496

この記事へのトラックバック一覧です: 2/22のNHKスペシャルは"腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー"でした。:

« 12の大学院生のタイプ、9のPIのタイプそして9のポスドクのタイプ。 | トップページ | 2/22のほんわかテレビでぜいたくな品物の特集やってた。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ