« Scratch(プログラム言語)でたくさんの角度が違う振り子を振らせて等時性が成り立ってないことを見る。 | トップページ | 平安神宮でお参り »

2015年4月 8日 (水)

2文の数学論文を見て、学会発表で一言もしゃべらず一つの式を書いて終わったら大拍手、というのを思い出した。

このTweetで紹介されているのを見て、

あとConwayのさらにすごい論文を見て、、、

思い出したのはメルセンヌ数の件。

M67 = 2^67 - 1は素数かどうかというのを、、、

フランク・ネルソン・コールさんが

"コールは黒板の前に立つと、M67の値、すなわち147,573,952,589,676,412,927 を注意深く書いた。今度は黒板の前の別の場所へ移動し、193,707,721 × 761,838,257,287と書いて、その乗算を手計算で行った。両者の値が等しいことが示されると、コールは自分の席に戻った。この間約1時間、コールは一言も発しなかった。少し間を置いて、会場に拍手が沸き起こったと伝えられている"

というもの。これおもしろいな。

« Scratch(プログラム言語)でたくさんの角度が違う振り子を振らせて等時性が成り立ってないことを見る。 | トップページ | 平安神宮でお参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/61409881

この記事へのトラックバック一覧です: 2文の数学論文を見て、学会発表で一言もしゃべらず一つの式を書いて終わったら大拍手、というのを思い出した。:

« Scratch(プログラム言語)でたくさんの角度が違う振り子を振らせて等時性が成り立ってないことを見る。 | トップページ | 平安神宮でお参り »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ