« 電波望遠鏡観測で現れる謎の信号Perytonsの正体は、、、電子レンジで調理が出来上がるのを待ちきれない人たち? | トップページ | おお!ニュースウォッチ9に出ていた井上あさひさん、京都放送局に移って今8:45からの京都ニュース845に出てる! »

2015年4月15日 (水)

4/15のためしてガッテンは、”激痛がっ!結石の恐怖 一生苦しまない新鉄則”

死ぬほどの痛みを伴い、痛みの王様、と呼ばれる尿路結石。私は幸いにもなったことはないけれど、同期がなってその恐ろしいほどの痛みの状況を聞いて恐ろしいなあ、、、と思っていた。その同期はほとんど水分とらない人なので、私はそうとう水分とるので大丈夫じゃないかな、と漠然と思ってたが、、、ということで今回のは人ごとじゃなく見てました。

尿路結石の患者数はこの40年間で3倍になった。10人に1人が経験する。石ができるまでの期間は、3週間!ああ、そんなに短いのか。

まずは結石が出来る人のイメージは?

年寄り、男の人というのが多い。しかし、経験者を尋ねると、、、横浜の橋本文乃さん41歳。つい最近結石に襲われた。去年の年末、お腹に違和感があって、その日の午後激痛が襲った。おなかが痛くなった。内臓からグー、臓器をギューとしぼられるような、、、出産を超えるかのような痛みがあった。呼吸も出来ず、体がしびれ意識がなくなる、、、原因は尿路結石だった。すぐに痛みどめが打たれ、治療はせず様子を見ることに。5日後に尿に違和感があって便器を除くと、石が!直径2mmほどの石。実物がスタジオに。この2mmくらいになるのに3週間程度。

またスタジオには手術で取り出した超でかい石も。数cmでよくこんなものが入ってたとびっくり。

石はどこで出来るの?いつもの人体模型が出てきた。腎臓と尿管。膀胱。石は腎臓で生まれる。そこで徐々に大きくなる。尿管に石が落っこちると痛い?いやこの段階では痛くない。詰まっていると尿が出られないので、腎臓がパンパンに膨らむ。すると周りの神経を刺激して激痛が起きる。ああそうなのか。つまるところが痛いんだと思っていた。大きな石は腎臓の中で大きくなったもの。なので痛くなかったりする。渡辺えりさんのお父さんは石が何十個も出てきたって。

石の正体は?

結晶。名古屋市立大学で顕微鏡を見てみる。シュウ酸カルシウムの結晶だ。きれいな形。

「シュウ酸カルシウム 結晶」の画像検索結果

シュウ酸カルシウムを含むのはホウレンソウ、なす、大根など苦みのある野菜。

他にも尿酸結晶がある。アルコール全般が尿酸の原因になる。プリン体、ビールや魚卵などに含まれるものも。

シュウ酸やプリン体を含む食品を控えるのが大事?

尿を59人で調べると39人が結晶が見つかった。でも結晶が出来るからすぐ危険じゃない。繋がるかどうかは、、、予知尿力で見つ結晶!

和歌山医科大学の柑本 康夫(こうじもと やすお)先生がおしっこをしているのを見ただけで○×判定してくれる。

https://www.wakayama-med.ac.jp/med/urourodir/guide/urolithiasis.html

なんで尿をみただけでわかるのか?

ヒントは便器に的があること。的は、、、リトマス試験紙になっていた。色がどうなるかを見ていた。青かったリトマス試験紙が赤く変わると酸性。

尿が酸性に傾くと、石が出来やすくなる。酸性にしないためには何をする?野菜を多く取る。

酸性にし易いのは肉・卵。アルカリ性にしやすいのは野菜・果物・豆腐などなど。

でも、さっきの検査の3人にはは3日間野菜を食べてもらった結果だった。しかし、結晶ができている。しかもその中の1人はもともと野菜好き。

なので食べ物だけで決まるんじゃない。

検査に協力してくれた坂下さんは肉は食べない、野菜が多い。30年前に一度結石を経験していた。その経験から野菜や果物をたっぷり食べている。それでも去年再び結石が出来てしまった。

CTスキャンを受けてもらうと、黒幕が映っていた。それは何?

坂下さんのCT写真を普通の人と比べると、、、内臓脂肪が多いのだった。内臓脂肪をためないのもポイント(って野菜食べるだけじゃだめなのか、、、)。

肥満の患者さんではアンモニアの産生が妨げられて、尿が酸性になる。

アンモニアが腎臓でつくられるが、内臓脂肪が腎臓でアンモニアを作るのを抑制してしまう。アンモニアはアルカリ性。正常であれば弱酸性なのだが(アンモニアがアルカリ性で酸性を抑える)。

pH5.5以下が3日以上続く場合は酸性に傾いているということなのでお医者さんに相談。リトマス紙を買って調べて、という。

では予防はどうしたらいいのか?

http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/uro.dir/outline/staff/kohri.html

40年以上、研究している名古屋市立大学 学長の郡健二郎さん。

衝撃を与えて砕く方法は、かけらが体内に入る可能性があり、万能ではない。郡さんは溶かす方法はないかを調べていた。

石に含まれる成分を分析すると、石を固める謎の物質を発見した。わずか数%なんでみんな今まで見向きもしなかった。オステオポンチン。OPN。

http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/uro.dir/outline/research_kesseki.html

腎臓内にシュウ酸が現れると、、、これは体にとって猛毒。壊れた細胞からオステオポンチンが出てきてシュウ酸を固めて無毒化する。それを尿として流せば問題ない。しかし増えすぎると大量にオステオポンチンも出てきてどんどん石が大きくなる。

スタジオに郡さんが登場。ポンチはつなぐという意味。

結石を輪切りにした画像を見ると、年輪のようになっている。

予防は、抗酸化物質をとること。お茶、青魚、大豆、ブルーベリー、バナナ、かぼちゃ、にんじんなど。細胞を壊れないようにするのが抗酸化物質。

シュウ酸は食べ物が半分、体の中で作るのが半分。遺伝や体質もある。

« 電波望遠鏡観測で現れる謎の信号Perytonsの正体は、、、電子レンジで調理が出来上がるのを待ちきれない人たち? | トップページ | おお!ニュースウォッチ9に出ていた井上あさひさん、京都放送局に移って今8:45からの京都ニュース845に出てる! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/61444509

この記事へのトラックバック一覧です: 4/15のためしてガッテンは、”激痛がっ!結石の恐怖 一生苦しまない新鉄則”:

« 電波望遠鏡観測で現れる謎の信号Perytonsの正体は、、、電子レンジで調理が出来上がるのを待ちきれない人たち? | トップページ | おお!ニュースウォッチ9に出ていた井上あさひさん、京都放送局に移って今8:45からの京都ニュース845に出てる! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ