« NOTTVのCMで腹話術をするかわいらしい女性は石川恋さん、、、ってビリギャルの表紙モデルだった子か! | トップページ | アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン を観てきた。 »

2015年7月12日 (日)

7/12のNHKスペシャルは”腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~”でした。やっぱり腰そのものより脳に問題が?

私自身は全く腰痛がないのですが(毎日腹筋・背筋とかしてるし)、特に会社内で腰が痛い痛いという人は多い。しかもなぜかうつ病の人は、100%(5人しかサンプル数ないけど)腰痛。これはなんか腰だけじゃないんでは、、、とずっと疑問だった。以下リアルタイム速記メモ。

実に日本人の4人に1人が悩む腰痛。今、新たな治療法がどんどん生まれている。長時間のドライブの後、激しい腰痛を起こした男性。超音波診断で痛みの元、筋肉の一部が癒着しているのが見つかった。

いわゆるコリ。映像を見ながら、ピンポイントでコリに注射をする。この癒着した部分があっという間に外れた。すると、腰痛が消えた。さらに、椎間板ヘルニア。日帰りの内視鏡手術で治せるようになった。

一方で、治療しても効果がなかったり、原因が分からない、長引く腰痛、3カ月以上のものは慢性腰痛と呼ばれるものに悩む人が増えてきている。笹野高史さんもその一人。

2800万人が腰痛に悩み、その半分が慢性腰痛といわれている。

その慢性腰痛のメカニズムがわかってきた。腰ではなく、脳。脳のリハビリが大きな成果を上げてきている。腰痛への不安を和らげるCMを流しただけで、、、なんと腰痛患者が減った。

職員8割が腰痛だった介護施設も、あることで劇的に改善した。とここまでがイントロ。

田中良子さん、43歳。4年前から腰痛に悩んでいる。立ち止まったり座ったりすると痛みが悪化するため、すぐに横になる。洗濯物を畳むのも、食事もねたまま。

4年前まではダンサーとして活躍していた。練習中のぎっくり腰がきっかけ。

腰はどんな状態なのか?様々な医療機関で腰の検査を受けてきたが、結果はいつも同じ。背骨にはなにも異常はない。

そもそも腰痛の大きなきっかけは骨と筋肉の異常。

骨の異常は椎間板ヘルニア。神経を圧迫し、痛みがでる。筋肉の異常もコリによって痛みに繋がる。これらが突然起こるのがぎっくり腰。通常は3カ月以内に痛みが治まる。

しかし、3カ月以上も痛みが治まらないし、原因もわからないのが慢性腰痛。

カナダモントリオールに向かう。マギル大学では半年以上腰痛に悩む患者を徹底的に調べた。ある場所に共通の異変が起きていた。それは脳。脳の活動が普通の人と大きくことなる。

DLPFCという場所の体積が極端に減り、活動が衰えていた。

デイヴィッド・セミノヴィッツさんが説明する。腰に炎症が出来た時、それが神経を通じて脳に伝わり、痛みの回路が出来て初めて人は腰が痛い、と感じる。痛みの回路の興奮がすぐに収まらないことがある。その時、DLPFCが痛みの回路に興奮をしずめる命令を出すのだ。しかしDLPFCに異常があると、しずまれ、という命令が出にくくなる。

田中さんも去年、初めて脳の検査を受け、やはりDLPFCが小さかった。

腰痛学会の菊池臣一さんに笹野さんがきく。やはり何らかの脳の回路に異常があることが分かってきている。脳も含めて、体全体として見ていく必要がある。

なぜDLPFCが衰えるのか?痛みへの恐怖が関係していることが分かってきた。

田中さんにこの日、母親が電車での外出を勧めた。でも怖くていけないという田中さん。

腰痛への強い恐怖心、それがDLPFCを衰えさせ、幻の痛みを作りだしている。

強い恐怖心があるとDLPFCにストレスを与える。すると神経細胞がへとへとになる。活動が衰え、静まれという命令が出にくくなる。これが痛みが長く続くメカニズムの一つだと考えられている。

笹野さんも他の人に迷惑がかかる、というストレスがあるという。

ぎっくり腰、一回起こした人は、魔女の一撃というような強烈な痛みがある。その恐怖が悪化させる。

笹野さんのMRIを見てみる。歳月を重ねた腰ですね、という菊池さん。椎間板はたしかに潰れている。間隔が狭くなっている。しかしそれは年をとると当たり前。痛みに即繋がるようなものではない。

実際に痛い、という笹野さん。どうやったらその恐怖から逃げられる?

東京大学医学部付属病院と共同(松平浩准教授)で恐怖の克服をどうしたらいいか検討する。

松平さんは休業ということも考えると社会的損失になると語る。

第一弾は、映像を利用する方法。

映像を見て、正しい腰痛の知識を知ることで無用な恐怖を無くす。

椎間板ヘルニアについては稲波弘彦さんが説明してくれる。椎間板ヘルニアも9割は自然に治る。動くことが一番の薬だと。

5本の映像を見てもらう。いわば、脳のリハビリ作戦。175人の人が協力してくれた。10日にわたって繰り返し映像を見てもらう。

そのうち一人、星野修治さんは20年前から腰痛に悩まされ、出かけるときはいつもコルセットが手放せない。妻の京子さんの車で通勤する。夢は自転車通勤したいだって。

はたして映像を見るだけで改善するのか?

10日後、なんと自転車に乗っている。怖くて仕方がなかったんだが、映像を繰り返してみたら自信が出てきた。正しい知識を持つと、恐怖が収まり、DLPFCが正しく働いているのではと考えられる。参加者へのアンケートで、腰痛が改善したという意見も多い一方で、効果なし、懐疑的という反応もあった。

松平さんのチームがデータの解析を行った。38%くらいの人がよくなったという。上出来だ。

68人だ。では残りの人の恐怖を取り除くには?

介護施設の職員の人々を集めた。第二弾は、1回3秒、ある姿勢をとるという方法。

お尻に手を当てて押し込む、ふーと呼吸は止めない。ぐっと背中をそらす感じ。

前かがみの体勢をとりがちだが、あえて逆の方向にいくことで恐怖を無くす。

(しびれが出る人はやめてね、という注意書きあります)

腰痛ベルトをしている新井一彦さんは反らせない。また形成不全すべり症という石山有美さんも。

石山さんと新井さんは同じ介護施設で働いている。新井さんは転職してこの仕事についたばかり。どんなに腰が痛くても仕事をしている。石山さんも看護師でたちっぱなし。

最初はこわごわだったが、だんだん背中をそらすことができるように。

2週間後、腰痛に変化が見られた。いてーいてーと言わなくなった。コルセットもしていない。石山さんもしびれがなくなった。

背中を反らせる経験を繰り返すことで、痛みへの恐怖が減ったから。インターネットの参加者にもやってもらった。映像見るだけでは効果がなかった70人のうち、32人に改善が見られた。

それでも解消できない恐怖はどうしたら改善できる?これは番組の後半で。

病は気から、という笹野さん。動いてもいいんだとか。安静はいま治療としては成立しないと菊池先生。腰が痛い人はやらない動きをすることで脳に教え込む。脳のリハビリ。

笹野さんもその動きを試す。

オーストラリアは国家をあげて腰痛対策をしている。腰痛を改善するための映像をテレビで流している。心配することはない、重症化することはない。など。

国民に正しい知識を教えた。シドニー大学 痛み管理研究所では重症の腰痛患者を劇的に改善している。

3週間にわたる心理療法を行っている。ブリエル・フューズさんが激しい痛みにさいなまれている。治療初日は痛みで満足に歩くこともできなかった。痛みはあるのに原因がわからなかった。焼けるような痛み。

認知行動療法が用いられる。うつ病の治療にも使われる。毎日8時間。カウンセリングと運動を1時間ずつ行う。カウンセリングではどんな恐怖が痛みになるかを聞いていく。

これから一生痛みと戦い続けるなんて無理だ、、、と将来への不安を口にした。

未来への不安にとらわれず、今の自分に向き合えと。運動も20種類以上にも及ぶ。

足をあげて、、、体を鍛えるのが主眼じゃない。動いても痛くないという経験を持ってもらうこと。大事なことは目標を定め、回数も記録する。これが増えてくると自信も出てくる。

10日後、、、患者たちの間に変化が出てきた。階段も何段も登れるようになった人も。

フューズさんも夜の痛みがなくなってきた。

さらに10日間続けられた。およそ3週間の認知行動療法。最終日。9人中、8人は痛みが大きく改善した。フューズさんも、最終日にはめっちゃ歩けるようになった。

最近の研究で、実際に脳の変化も起きていることも分かってきた。

マイケル・ニコラスさん(シドニー大学の治療プログラム開発者)も語る。

日本でも3年前に、指針に認知行動療法も加えられた。グレードAという推奨できるものになっているが、保険対象外のため、まだ実際に行われている事例は限られている。

認知行動療法と運動療法、またそれに薬物療法を加えると理想的になると菊池さん。

自ら治そう、ということを心に決めることが大事と。菊池さんもかつては手術の腕に絶対の自信を持っていた。だが、限界を感じ、認知行動療法に期待している。手術が完璧でも治らない患者さんがいたと。

福島県立医科大学。菊池さんが学長を務める。全国に先駆けて腰痛の治療に認知行動療法を取り入れた。

笹野さんも自分なりの腰痛対策を始めた。仕事前のストレッチ。腰痛の恐怖に打ち勝つ第一歩と考えた。そしてもう一つ、秘策が。自分の腰のMRI画像を持ち歩くようにした。問題ない、と言われた腰の画像を見ることで恐怖心が減る。

でNHKの特設サイトでこれまで紹介した動画などが見られます。

http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/

« NOTTVのCMで腹話術をするかわいらしい女性は石川恋さん、、、ってビリギャルの表紙モデルだった子か! | トップページ | アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン を観てきた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/61879007

この記事へのトラックバック一覧です: 7/12のNHKスペシャルは”腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~”でした。やっぱり腰そのものより脳に問題が?:

« NOTTVのCMで腹話術をするかわいらしい女性は石川恋さん、、、ってビリギャルの表紙モデルだった子か! | トップページ | アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン を観てきた。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ