« 高田純次さんの年を取ってやってはいけないのは説教、昔話、自慢話というのに感銘を受ける。。。 | トップページ | ギリシャの国民投票、開票率88.69%で反対が61%超えてる! »

2015年7月 6日 (月)

7/5のNHKスペシャルは”生命大躍進 第3集 ついに"知性"が生まれた”でした。

今回でこのシリーズも最終回。新垣結衣さんが2役で姉妹を演じてます。

考える、という能力。その芽生えは恐竜の時代に始まっていた。脳を極度に進化させ、罠をしかける恐竜が見つかっていた。そして我々の祖先も、思いがけないことから脳を進化させていた。どのようにして我々の祖先は突然知性を手に入れたのか?最新のDNA解析で分かってきた。知性誕生の謎。その謎を解くカギは巨大な脳を持ちながら滅亡したネアンデルタール人。その化石からDNAを解析したところ、たった一文字が鍵を握っていた。とここまでがイントロ。

恐竜時代の終わりごろ、ある生き物が脳を非常に発達させていた。考える恐竜。

その化石が見つかったのはカナダのアルバータ州恐竜公園。世界遺産にも登録されている。ドナルド・ヘンダーソン博士がダスプレトサウルスという凶暴な肉食恐竜の化石を見せてくれる。こうした巨大恐竜に囲まれながら、トロオドンという小さな恐竜が生きていた。

アメリカ、カリフォルニア州のデール・ラッセル博士が分析した。トロオドンの全身を復元した。

おお、、アフターマンのようだ。際立って大きな目が付いている。視覚が発達し、また指が互いに向かい合っている。器用にものがつかめただろう。そして発達した脳。

頭蓋骨の裏側のくぼみからすると、とても大きな脳があったはず。

アメリカ オハイオ州のローレンス・ウィットマー博士。恐竜の頭の化石から恐竜の知性について調べている。トリケラトプスの化石をCTスキャナで見ると、はっきりと大きさや形がわかる。

トロオドンの復元をしてみたら、他の恐竜と大きく違っていた。体重に対する脳の重さは

トリケラトプスが0.75にくらべて、7.07。ティラノは2.32とそれよりもでかい。おとりを使って獲物をおびき寄せたり、簡単な道具を使っていても不思議じゃないと思っているとか。

ウィットマーさんのストーリーをもとにCGアニメが作られる。6550万年前、トロオドンが現れた。狩りの様子をのぞいてみる。獲物が穴に逃げ込んでしまった。そこで巨大な脳で考えた。エサでわなをはり、木を登り、隠れて捕まえる。

ところがある日、大事件が起きる。直径10kmもの岩の塊が宇宙から落下した。そして激突。衝突のエネルギーはすさまじい。あらゆる恐竜たちは絶滅。知性もこの事件によって消滅してしまった。

もしトロオドンが現在まで進化していたら、恐竜人間になっていたとラッセルさんが想像する。気持ち悪い。。。

で我々の祖先は?

およそ2億年前に祖先は新しい脳を獲得した。

脳のどこで知性の活動が行われているか?本を読んだり、計算しているときは脳の表面。常に知的な活動は表面で行われる。大脳新皮質と呼ばれている。いつ生まれたのか?

アメリカ・シカゴ。羅哲西さん。恐竜時代のもっとも初期の哺乳類。ハドロコディウム。とても小さい。頭蓋骨は1cmくらい。しかし分析すると脳が大きな張り出した部分があった。これが大脳新皮質。新しい脳だ。これこそ大躍進だ、と羅さんが語る。

この大脳新皮質は何をもたらしたか?およそ2億年前、恐竜が絶滅するよりはるか昔、大脳新皮質を持った祖先はこれまでにない能力、いろんな感覚をまとめる能力を手に入れた。視覚、触角、聴覚、いくつもの感覚を大脳新皮質でまとめることで総合的に判断できるようになった。それで夜の世界へ進出していく。恐竜たちの活動が減るので、暗闇の中を駆け巡った。

ではどのようにして獲得された?DNAから解き明かそうとしているのは花嶋かりなさん。

http://www.cdb.riken.jp/research/laboratory/hanashima.html

理化学研究所。2つの遺伝子が脳にかかわっている。アクセル遺伝子とブレーキ遺伝子。アクセルは増殖せよ、とブレーキはするな、と指示を出す。爬虫類はアクセルとブレーキが両方同時に働き、うちけしあう。

ところは哺乳類は、ブレーキ遺伝子が一時的に故障する。アクセルだけなので暴走するように増殖する。ブレーキ遺伝子が故障するのは我々哺乳類だけ。

なぜブレーキの故障が起きるのか?花嶋さんは原因を突き止めた。DNAのブレーキ遺伝子のすぐそばで変化が起きていた。あるタンパク質がくっつくようになった。FOXG1タンパク質が蓋をしてしまい、ブレーキが動かない。

でもねずみのようなものから人間の知性が生じたのは?言葉は?

4万2000年前、氷河期。ケサイ(毛があるサイ)、ホラアナライオンなど巨大な生き物が闊歩していた。そんな中にホモ・サピエンスもいた。姿かたちは我々と同じ。

マンモスも現れた。この様子を別種の人類、ネアンデルタール人も観ていた。

ネアンデルタール人は際立って巨大な脳を持っていた。1割くらい我々より大きい。体格も大きく、腕力も強い。当時最強のハンターだったはず。しかし、4万年前、ネアンデルタール人は絶滅してしまった。

ドイツ フォーゲルヘルト洞窟。ネアンデルタール人が使っていた洞窟を調査していたニコラス・コナードさんが説明してくれる。石器を見せてくれたが、長い間おなじタイプの石器を使い続けていた。

ところが、ホモ・サピエンスの石器は肉を切り取るもの、骨を削って槍の先を作る石器など目的によって形が違うものを次々を使っていた。

両者にはコミュニケーションにも根本的な違いがあったと考えられる。

マックスプランク心理言語学研究所。サイモン・フィッシャー博士。

ある言葉を話せない病気のDNAを分析してみた。その人たちはDNAの特定の場所に違いがあった。FOXP2遺伝子と名付けられた。http://aasj.jp/news/watch/2176

国際医療福祉大学。マウスを使った実験を桃井隆さんがやっている。

マウスは超音波でコミュニケーションをとるが、ヒト型FOXP2を組み込んだマウスでは、より長く鳴くようになった。よりおしゃべりになった。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスではこの違いがあるのか?絶滅したネアンデルタール人では不可能?

スペイン エル・シドロン洞窟で化石が発掘されているが、そこからDNAを調べようというプロジェクトが行われている。防護服に身を包んで、、、人間のDNAがネアンデルタール人の化石に混入しないようにする。

分析したのはマックスプランク進化人類学研究所。

リーダーはスバンテ・ペーボさん。ごくわずかなDNAを抽出することに成功した。

しかし無数の断片になってしまい、多くのところが失われていた。そこで世界中から化石を集め、パズルのように組み合わせた。

集まったのは4億個。独自のコンピュータプログラムを開発し、組み合わせた。

2010年、ネアンデルタール人のDNAを復元することに成功した。

FOXP2遺伝子を比べると?違いはなかった。そこで周辺にまで分析を広げた。40万文字にも渡った。ほんの一文字、重要な違いを発見した。

ネアンデルタール人はAなのがホモサピエンスはTだった。

FOXP2の働きをよくしたのだろう。

Tにはあるタンパク質を引きよせ、蓋をして何かをブロックしたのだろう、、、がまだ分かっているのはここまで。

言葉のおかげで次の世代に新しい技術などを伝えていくことが出来た。

以前のもの:

5/10のNHKスペシャルは”生命大躍進 第1集 そして"目"が生まれた”でした。

6/7のNHKスペシャルは生命大躍進 第2集 こうして"母の愛"が生まれた”でした。

« 高田純次さんの年を取ってやってはいけないのは説教、昔話、自慢話というのに感銘を受ける。。。 | トップページ | ギリシャの国民投票、開票率88.69%で反対が61%超えてる! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(*≧m≦*)トロオドン・・・賢い恐竜・・。
考える恐竜か・・・歴史はミステリーだな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/61842794

この記事へのトラックバック一覧です: 7/5のNHKスペシャルは”生命大躍進 第3集 ついに"知性"が生まれた”でした。:

« 高田純次さんの年を取ってやってはいけないのは説教、昔話、自慢話というのに感銘を受ける。。。 | トップページ | ギリシャの国民投票、開票率88.69%で反対が61%超えてる! »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ