« 9/28のす・またんで最新便利グッズの紹介をしていた。血管年齢、食パンでピザ、カロリーがわかるしゃもじ、、、など。 | トップページ | 新潟は古町、ドカベンロードで銅像を見てきた。ケツバットガールはいなかった。 »

2015年9月28日 (月)

iPhone6S/6S plusの3D touchの構造、Teardown.comで分解調査してた。

iFixitで発売日に分解されてましたが、(iPhone6S, iPhone6S plus), 3D touch(Force touch)にかかわる部分までは分解はされてなかった。
Appleのサイトで紹介されているように、
バックライトのところにあるはず、ということで、本当はこの部分の分解が必要。
Image 2/3: By the way, we want to (again!) send out a big thanks to our good friends at [http://www.macfixit.com.au|MacFixit Australia|new_window=true] for letting us use their office in Melbourne for the teardown. They stock Mac and iPhone upgrades/accessories, and also carry our [product|IF145-072|iFixit toolkits|new_window=true]. Thanks MacFixit Australia!
でこれについてはUBM techinsightsのサイト、Teardown.comで分解されてて、そこで構造が明らかに。
これが押すと容量が変わる検知部分。
Force_touch_1
で右下部がICとコネクタで、
Force_touch_controller_1
343S00014という名前のICが、金属に穴をあけて搭載されてる。厚さの関係でこうするしかなかったのだろう。343Sというのはディスプレイ系のICの先頭につく記号です。
さらにA9プロセッサについては、TSMCとSamsungの2種類、ダイサイズが違うこともChipworksが解析。
と思ったら自分のiPhoneがどっちのプロセッサかは、、、
で調べられるって。私はやめときます。

« 9/28のす・またんで最新便利グッズの紹介をしていた。血管年齢、食パンでピザ、カロリーがわかるしゃもじ、、、など。 | トップページ | 新潟は古町、ドカベンロードで銅像を見てきた。ケツバットガールはいなかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62371919

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone6S/6S plusの3D touchの構造、Teardown.comで分解調査してた。:

« 9/28のす・またんで最新便利グッズの紹介をしていた。血管年齢、食パンでピザ、カロリーがわかるしゃもじ、、、など。 | トップページ | 新潟は古町、ドカベンロードで銅像を見てきた。ケツバットガールはいなかった。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ