« 視覚障害でも遊べるアクションRPGを作った筑波技術大学の松尾政輝くんがすごい(探検バクモン) | トップページ | 10/28の歴史秘話ヒストリアはすごいぞ!国宝・松江城、でした。 »

2015年10月29日 (木)

10/28のNHKためしてガッテンは”「長寿ホルモン大放出! 動脈硬化メタボ糖尿病 一挙解決SP」”でした。

これはちょっと誇大広告だろうなあ、と思うタイトルだが、、、とりあえずメモ。
あのきんさん、ぎんさんを覚えていますか?100歳を超えた双子。きんさんは107歳、ぎんさんは108歳でこの世を去った。
ぎんさんは実は病理解剖を受けていた。
その結果、血管や内臓が若々しかった。20歳は若い。
あるホルモンがたくさんあったと考えられている。
長生きホルモン?それは何?
誰でも持っているもの。きんさんぎんさんは特に多かった。
ぎんさんにお子さんがいるのだが、その方に会ってきた。玄孫がお出迎え。
娘さんたち3人、96歳、94歳、91歳、とみんな長生き。
3人にあるお願いをした。長生きホルモンを持っているかどうか検査する。血を取るのだ。
おお、みんなすたすた歩いてる。元気だ。
さて結果は?
普通の人は平均値は8~10μg/mlくらいなんだが、23ug/ml,34.8ug/ml,24.6ug/mlとみんな多い。
血液の中を流れる様々なホルモン。どれほどのパワーを長生きホルモンは持っているのか?
東大の門脇孝さんが、糖尿病に効果があることを見つけた。
あるプロジェクトを立ち上げた。
長生きホルモンと同じ効果を持つものを人工的に作り出す。600万もの種類の中から
10年後、ようやく見つけた。
それが
アディポロン。
マウスによる実験を行った。肥満のマウスは寿命は1/3程度。これにアディポロンを与えると、高カロリー食はそのままで倍以上長生きした。
Natureにも。
まずは糖尿病の薬になると期待されている。その
アディポロンという薬ができるまでは、自分が持っている長生きホルモンを何とかしなければならない。
番組では12~96歳までの100名ほどを調べた。
どんなタイプの人が長生きホルモンが多いのか?
血液を遠心分離器にかける。透明な部分と赤い部分に分かれる。透明な部分を検査した。
その結果、、、
男性が8.6ug/ml、女性が11.8ug/mlと女性の平均が多い。
男性ホルモンが長生きホルモンを抑えると考えられる。
最下位は?
Nさん、3.9μg/ml。
ワースト2位は
Hさん4.3μg/ml。
どちらも男性、44歳。
そして、最大の原因は?
喫煙者!ああ、そりゃそうだろう。喫煙は長生きホルモンの分泌を弱めてしまうと。
では逆にいいほうは?
第三位。
近藤千恵さん。61歳。
第二位
米 悦子さん 73歳
第一位は、、、
14歳の少年、山本恵司くん。24.6μg/ml。
ではグループ分けで傾向を見る。
お年寄りが長生きホルモンが多い。次は劇団員。最下位は医師・患者。
ではどこからそのホルモンが出ているのか?
おなかの中から出ている。奥のほう。内臓脂肪だ。実は内臓脂肪こそが長生きホルモンを出してくれるものだった。
番組ではずっと悪者としていたもの。
長生きホルモンの正式な名前はアディポネクチン。
※アディポネクチン受容体の構造は理研がSpring8で調べてた。
内臓脂肪と長生きホルモンに新たな関係が見つかった。
内臓脂肪が多いと量が少ない、でも内臓脂肪が出している。
これはどういうことか?
太るっていうと、内臓脂肪が増える、ということ?
本当は違う。内臓脂肪がどんどん膨張する。数は増えなくて1個1個がパンパンに膨らむ。
膨らむとアディポネクチンが出なくなる。
健康な脂肪細胞はブドウのように丸く並んでいる。そのすき間に血管が。
太ると、、、、つぶれて押しつぶされて六角形みたいになる。筋のようなものが見えるが、それが血管。こんな状態ではアディポネクチンを出さない。
数じゃなくて、いい形の脂肪細胞を持つことが大事。
痩せればいい?ダイエットは効果ある?
先ほどの調査で特にアディポネクチンが少なかった人を何とかするため、専門家が集まった。
中野泰子さん。発見者の一人。http://researchmap.jp/read0124477/
いかに効率的に分泌させるか?を考えてもらう。3週間で効果があるようなもの。4時間の会議で決まった。
スタジオには柴田さんが登場。脂肪はいいホルモンも悪いホルモンも出していると。
ちょっとした生活習慣で長生きホルモンは多くなる。
内臓脂肪がパンパンになっている人が少しでも減らすには?
ダイエットや運動のきっかけがない、なかなか続かないのはわかっているので
もっと効率的な方法を考えた。
アディポネクチンを増やす、壁ネクチン体操だ。
①まず壁に背をくっつけて(ネクチンはくっつくという意味)、手は自然に広げて三分間続ける。
かかととおしりと背中、頭をくっつけるのがポイント。
内臓脂肪に刺激が入る、血流が良くなる。脂肪に栄養分が行くように。
これ毎日やっても飽きちゃうので、、、
②壁から足一つ分前にでる。手を交互に右手で左側、左手で右側をタッチ。
声を出して、いちにーさんしー。
30回。
③でまた背中を壁にくっつけて、手を上下に動かす。羽ばたき。
それを3回。
肩甲骨のところに褐色脂肪組織があるので、手を上下には脂肪燃焼の効果がある。
④声を出すとか、笑い声をあげるのもいいこと。ということで
最後に笑う深呼吸 3回。
朝と夕2回、3週間続ける。
大体1回10分間くらい。
調査でアディポネクチンが少なかった、9名の方に挑戦してもらった。
筋トレ、ランニングできない人も続けられた。
壁さえあればできるので、、、
結果は?
まあそこそこ(微妙、、、)は上がった人が多い。まあ三週間で簡便なものだったので。
やはりメタボな人はアディポネクチンが少ない人が多いとも。
人間ドックや健康診断のオプションでアディポネクチンをはかることもできる。
3000~5000円くらい。でも保険適用外。

« 視覚障害でも遊べるアクションRPGを作った筑波技術大学の松尾政輝くんがすごい(探検バクモン) | トップページ | 10/28の歴史秘話ヒストリアはすごいぞ!国宝・松江城、でした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62567462

この記事へのトラックバック一覧です: 10/28のNHKためしてガッテンは”「長寿ホルモン大放出! 動脈硬化メタボ糖尿病 一挙解決SP」”でした。:

« 視覚障害でも遊べるアクションRPGを作った筑波技術大学の松尾政輝くんがすごい(探検バクモン) | トップページ | 10/28の歴史秘話ヒストリアはすごいぞ!国宝・松江城、でした。 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ