« 瑛太さんの出てる新SOYJOYのCM、Don't give in.からDon't hold back, right?に変わった。 | トップページ | 10/4の情熱大陸に昆虫学者の丸山宗利さんが登場。 »

2015年10月 4日 (日)

10/4のNHKスペシャルは”"巨大災害 MEGA DISASTER Ⅱ 日本に迫る脅威 第3集 火山列島 地下に潜むリスク"”でした。リアルタイム速記メモ。

最近、噴火のニュースが多くて気になってたんですよね。では以下速記メモ。
先月、阿蘇山が噴火した。噴煙は2000mもの高さに上がった。口之永良部島、箱根山も噴火。
御嶽山では突然の噴火に登山者が巻き込まれ、戦後最悪の火山災害となった。
100以上の火山がある日本、どこで噴火のリスクがあるのか?科学者は地下で進む危険を探ろうとしている。大地の変動を数㎝の精度で観測する衛星では地表の膨張が観測された。
かつて日本を襲った巨大なカルデラ噴火は直径20kmにも及ぶ。火砕流が襲う。これが起きることはあるのか?、とここまでがイントロ。
まずは桜島。大規模な噴火の可能性が最も高い。4500人が集落で暮らしている。先月、京都大学の石原和弘さんの協力を得て、火口内部の撮影を行った。
おお、ドローンだ。
昭和火口を見ると、、、不気味な赤い細いところから噴煙が。これは怖い。。。
桜島ではレベル4の噴火警報が8/15に出た。1000回もの火山性の地震。
京都大学の井口正人さんが説明してくれる。規模の大きな噴火が迫っているのだはないかと。
人工的に振動を発生させる調査で地下の状態を調べていた。
マグマがどこにあるのか、を解析した。
膨大なマグマだまりが大小2つあるとわかった。
地下8kmのところに大きなものがあり、そこから上がった桜島直下にも地下5kmのところに。
地震はこのマグマだまりの上で起きていた。
しかし翌日には地震が激減。
ではいま地下のマグマはどうなっているのか?
国土地理院の小林知勝さん。宇宙から送られてくるデータをもとに、地表の変化を解析している。http://www.jaxa.jp/press/2015/08/20150819_daichi2_j.html
去年打ち上げられた人工衛星、だいち2号。合成開口レーダを搭載している。雲や森林も通り抜け、地表の凹凸を数cmの精度で観測できる。2週間に一度、同じ場所を通るが、それを比較することでわずかな違いも観測できる。
小林さんは桜島の結果を分析した。
すると昭和火口ではなく、その東側のふもとの集落に近い場所が最大16cm膨張していることがわかった。地下からマグマが上昇してきた?東京ドーム1.6杯分のマグマが上にできている。今後さらに上昇すれば、山腹から噴火する可能性も出てきた。
さらに浅いところに来れば地殻変動がおきるだろうから観測していかないといけない。
過去にも山腹からの噴火は被害を。安永大噴火は江戸時代1779年に起きた。絵が残っている。150名が犠牲になった。大正大噴火でも山腹から噴火。58人が死亡。井村隆介さんがその説明をしてくれた。
太平洋プレートが日本列島の下に沈み込むことから火山ができてきた。
ところどころにマグマだまりを作りながら上昇、火山を形作っている。地下でマグマが生み出され続ける日本。今、噴火が起きやすい状況にあると科学者は指摘している。
2011年の東北沖の巨大地震がきっかけ。九州が活発だった火山が東日本でも北でも活発化している。
藤田英輔さん。防災科学研究所。GPSの観測点でとらえた地面の動きを見ると、沈み込むプレートによって西へ抑え続けられていた。しかし地震が発生すると、陸側のプレートが動き、東北地方を中心に東に引き伸ばされた。すると岩盤に隙間ができ、マグマが入り込みやすくなる。
藤田さんはどのように今後変化するのか解析した。100年たっても引き伸ばす力は地震直後と変わらない。長期間危険が続く可能性がある。
次はどこで噴火が起きるのか?
去年、御嶽山の噴火があった。突然の噴火に登山者が巻き込まれ、死者・不明者は63名。
この時は水蒸気噴火と呼ばれるものが起きていた。
水蒸気噴火はマグマの熱の影響で地下水の圧力が高まって起きる。
マグマが噴き出る噴火よりは規模が小さく、前兆がとらえにくいと言われてきた。
最新の科学で予測に挑んでいる。
国土地理院の小林知勝さんが再び登場。
水蒸気噴火の前兆を見つけた。
箱根山の大涌谷。ごく小規模な水蒸気噴火が起きた。噴火が起きる前、火山性の小規模な地震が急増していた。5月半ばでピークに達したが6月に減った。噴火の可能性は低いと思っていたら起きた。
萬年一剛さんが当時を説明する。
この噴火が起きる前、大涌谷では地面に異変が起きていた。直径8kmほどの範囲で地震が起きていたが、衛星で観測すると、わずかな膨張が見つかった。直径200m。大涌谷のごく狭い範囲。地震が少なくなったときもあった。
小林さんが各地の火山の解析を進めた結果、次々と膨張が見つかった。
福島の吾妻山も。そして北海道の十勝岳も。九州の新燃岳も。
衛星を使えば観測体制が整っていない火山も監視できる。新たな時代を迎えようとしている。
マルム山(バヌアツ)、カルブコ山(チリ)、などの映像が挟まれ、、、
破局的な被害をもたらすカルデラ噴火についての説明。
シラスと呼ばれる地層。高さは40m以上。2万年以上前に噴出物が積みあがった。
下司信夫さんが研究している。分厚いシラスの大半は火砕流によってできた。基本的にすべての生物が死滅した。
シラスは直径100km以上、九州南部ほぼ全域に。
これを起こしたのは桜島ではない。鹿児島湾の直径20kmのくぼみ。この全体が火口だった。スペイン語で大きな鍋を意味するカルデラ、と呼ばれている。カルデラ噴火は我々が知っている噴火とは全く異なる。
巨大なマグマだまりから上昇し、噴火が始まる。噴火は収まらず数日以上続くと、マグマだまりに空洞ができる。上にある岩盤が重みで崩落。地下のマグマが押し出されるようにして一気に噴火。カルデラ噴火となる。
このとき、巨大な火砕流が発生する。
金子克哉さんが実験している。
大量のマグマはほぼ火砕流となってやってくる。高さは数100m。800度以上の高温を保ったままやってくる。
北海道の湖の多くはカルデラ噴火のあとに水がたまったもの。支笏湖の噴火は札幌市まで到達した。東北の十和田湖、田沢湖。関東では箱根山。横浜まで火砕流が達した。
九州は阿蘇山、鹿児島湾。
最後に起きたのは薩摩硫黄島(鬼界カルデラ)。7200年前。
藤井敏嗣さんがカルデラ噴火を理解してほしいと語る。
京都大学の大倉敬宏さんは阿蘇山を研究している。
現在、カルデラの中に市街地や農地が広がっている。阿蘇山の噴火は過去50年でも頻繁に起きていた。
しかし太古の時代は4回桁違いに大きなものが起きていた。中でも9万年前に最大のものがあった。火砕流は山口県にまで達する。
阿蘇山のマグマだまりは地下6kmのところにあると考えられている。でも直径2km。これではカルデラ噴火は起きない。どこかに大きなものがないか?
地震の揺れを使って地下を調べた。
岩盤の中に、揺れが遅くなるやわらかい領域があることが分かった。
幅20kmほどの領域にマグマが含まれている可能性がある。ただ、地下13kmと深いのですぐには噴火には直結しないと考えられる。
もしも今、カルデラ噴火が発生したら、どれほどの災害が起きるのか?
今回、様々な研究者に協力してもらってシミュレーションしてみた。
数か月以上前、阿蘇山周辺では地震が多発するようになる。やがてカルデラの中央付近で大規模な噴火が発生する。この噴火は1週間続き、1割のマグマがマグマだまりから放出される。すると岩盤の崩落が起きる。
直径20kmの岩盤がマグマだまりに落下。マグマが上がってくる。
巨大な火砕流となってあらゆる方向に広がっている。時速は900km。福岡に10分で到達(え!)。
温度は800度以上。九州の広い範囲が壊滅的な被害を受ける。火山灰は全国に広がる。
大阪で30㎝、東京・札幌でも5㎝も積もる。大規模な停電を起こし、交通機関がマヒする。
それを予測するための研究も始まっている。
岡山大学の中村栄三さん。高温高圧を作れる装置で地下深くの状況を再現。どのような条件で噴火が起きるのかを見ようとしている。マグマがある厚みになったとき、上昇を始めることがわかっている。
鹿児島湾。泡が生じている。たぎり、と呼ばれている。海中から湧き上がっている。熱水と火山ガスが出続けている。

浅野 敏之さん。海中で起きると津波が起きうる。噴火活動だけにとらわれないように。

また小林さん。今の数cmの精度から数mmまで高めようとしている。

« 瑛太さんの出てる新SOYJOYのCM、Don't give in.からDon't hold back, right?に変わった。 | トップページ | 10/4の情熱大陸に昆虫学者の丸山宗利さんが登場。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62410941

この記事へのトラックバック一覧です: 10/4のNHKスペシャルは”"巨大災害 MEGA DISASTER Ⅱ 日本に迫る脅威 第3集 火山列島 地下に潜むリスク"”でした。リアルタイム速記メモ。:

« 瑛太さんの出てる新SOYJOYのCM、Don't give in.からDon't hold back, right?に変わった。 | トップページ | 10/4の情熱大陸に昆虫学者の丸山宗利さんが登場。 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ