« 桜美林大学の落研の雛菊亭 ちづるさん、かわいかったですね(もやもやさまぁ~ず2で) | トップページ | 「鍵の掛かった男」(有栖川有栖)を読んだ。最後の一文(というか一文字)でじんとくる。ミュージカルソウは幻想的。 »

2015年11月 8日 (日)

名代って”なだい”と読むか”みょうだい”と読むか”なしろ”と読むかで意味が違うのか、、、(名代 富士そばの話聞いて)

というのを見た。あれ?みょうだいじゃないの?と思ったが、、、
”名前を知られていること。評判の高いこと。また、そのさま。「―の色事師」”
となって、
みょうだい、と読むと、、、http://dictionary.goo.ne.jp/jn/213957/meaning/m0u/
”ある人の代わりを務めること。また、その人。代理。「父の―として出席する」”
となり、
さらに
なしろ、と読むと、、、
”大化改新前の天皇,皇后,皇子の名をつけた皇室の私有民。5~6世紀に,多く東国に設置されたものらしい。下総の孔王部 (あなほべ) などがその一例である。このほかに,藤原部,蝮 (たじひ) 部,白髪部などがみられる。 ”
となる。
これは難しい、、、

« 桜美林大学の落研の雛菊亭 ちづるさん、かわいかったですね(もやもやさまぁ~ず2で) | トップページ | 「鍵の掛かった男」(有栖川有栖)を読んだ。最後の一文(というか一文字)でじんとくる。ミュージカルソウは幻想的。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62640510

この記事へのトラックバック一覧です: 名代って”なだい”と読むか”みょうだい”と読むか”なしろ”と読むかで意味が違うのか、、、(名代 富士そばの話聞いて):

« 桜美林大学の落研の雛菊亭 ちづるさん、かわいかったですね(もやもやさまぁ~ず2で) | トップページ | 「鍵の掛かった男」(有栖川有栖)を読んだ。最後の一文(というか一文字)でじんとくる。ミュージカルソウは幻想的。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ