« ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 | トップページ | え!シロザケの耳石はバーコードになってる!人為的に温度を変えて、、、(林先生の初耳学) »

2015年12月 6日 (日)

鍋奉行はあくを取る人です、をGoogle翻訳すると、Pot magistrate is the person who takes the evil.

Twitterで話題になっていた話、私もやってみた。
Take the evilって、、、
これを使った例文では、
We must take the evil with the good.
というのがあるらしい。いいことばかりはない、という意味。
ちなみに、
あくを取る なら Take the lye
あくを取る。 なら Take the evil
なんで。あるかどうかで訳語が変わるのか、、、
Google翻訳は基本、使えないなあ、、、Excite翻訳なら、
A minister of hot pot is the person who skims it.
となる。
Google翻訳がうさんくさい例は以下にも:
 

« ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 | トップページ | え!シロザケの耳石はバーコードになってる!人為的に温度を変えて、、、(林先生の初耳学) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62819785

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋奉行はあくを取る人です、をGoogle翻訳すると、Pot magistrate is the person who takes the evil. :

« ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 | トップページ | え!シロザケの耳石はバーコードになってる!人為的に温度を変えて、、、(林先生の初耳学) »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ