« Scratch(プログラム言語)で佐藤・テイト予想(sin^2θ予想)を確認。 #数楽 | トップページ | Googleで”カフェイン エナジードリンク”を検索すると、カフェイン量を翻訳や単位変換のように出してくれる。 »

2015年12月21日 (月)

「モナドの領域」(筒井康隆)を読んだ。ザ・クレーター(手塚治虫)を思い出した。

もう小説家というよりもビーバップハイヒールの面白いおじさんというイメージがついている(私だけ?)筒井さんですが、最後ともいわれる長編が出ていたので早速読んでみた。
河川敷で切り取られた人間の片腕が見つかった。また足も。
猟奇殺人かと思われたが手がかりはない。
そしてあるベーカリーではその手とそっくりなパンが売られ始めた。
、という興味をそそる出だしから、
GODが降臨する。そして、、、もうこれくらいしかネタバレしないように書けない。。。
しかしGODのたとえの人物がちと古すぎるような気がする。
数学関係でいうとライプニッツからカントールくらいまでで、
今ならそれこそラングランズとか、M理論とか入れればGODらしくなったとか、、、
と思ったけど、あんまりそうすると何十年後とかに読まれるときに別の理論になったとき古くなる、という判断なのかな?
いやしかしキイパンチャーは絶対に古すぎるでしょ!
でタイトルにも書いたけど、ザ・クレーター(だったと思うが自信なし)であるシーンと似たのがあったのを思い出した。あ、パクリとかじゃないので念のため。全くシチュエーション違う。
でも神と言えばエディプスの恋人も神っちゃー神じゃないのかな。

« Scratch(プログラム言語)で佐藤・テイト予想(sin^2θ予想)を確認。 #数楽 | トップページ | Googleで”カフェイン エナジードリンク”を検索すると、カフェイン量を翻訳や単位変換のように出してくれる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62899717

この記事へのトラックバック一覧です: 「モナドの領域」(筒井康隆)を読んだ。ザ・クレーター(手塚治虫)を思い出した。:

« Scratch(プログラム言語)で佐藤・テイト予想(sin^2θ予想)を確認。 #数楽 | トップページ | Googleで”カフェイン エナジードリンク”を検索すると、カフェイン量を翻訳や単位変換のように出してくれる。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ