« 12/6のがっちりマンデーは”その業界でだけ当たり前!「儲かる業界数字」ホテル業界が注目するのは…客室稼働率より◯◯稼働率!?” | トップページ | ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 »

2015年12月 6日 (日)

Scratch(プログラム言語)でy^2+y=x^3-x^2の素数pを法とする解の個数を計算(NHK数学ミステリー白熱教室見て)

フレンケルさんがラングランズプログラムについて講義するNHKの番組、全四回見た。
その3回目で出た
 
y^2+y=x^3-x^2の素数pを法とする解の個数
 
というのがScratchでも計算しやすそう、、、というのでやってみた。
本当に順次代入しているだけなので、たぶん子供でも改良できる。
(おそらくもっと速いアルゴリズムがあるのでしょうが)
こちら:
Scratchsosuu
---
番組の内容については、、、
第一回目はこちら。
第二回目はこちら:
 
 
第四回目(最終回)はこちら
---

« 12/6のがっちりマンデーは”その業界でだけ当たり前!「儲かる業界数字」ホテル業界が注目するのは…客室稼働率より◯◯稼働率!?” | トップページ | ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/62816625

この記事へのトラックバック一覧です: Scratch(プログラム言語)でy^2+y=x^3-x^2の素数pを法とする解の個数を計算(NHK数学ミステリー白熱教室見て):

« 12/6のがっちりマンデーは”その業界でだけ当たり前!「儲かる業界数字」ホテル業界が注目するのは…客室稼働率より◯◯稼働率!?” | トップページ | ”スプーンと元素周期表”を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ