« 1/3 19:35ごろから阪急京都線、南茨木~摂津市駅間の踏切確認で止まってる。 | トップページ | 危ない!ガスで本当に燃えてるライトセーバーを作った人がいる。 »

2016年1月 3日 (日)

BSD予想ってEDSAC(世界初の実用プログラム内蔵コンピュータ)で予想されてたのか!FPUがMANIACで検証されたのと似てるな。

BSD予想(バーチ・スウィンナートン=ダイアー予想)というのがある。

 

数論の問題でクレイのミレニアム問題の一つでもあって、解決したら100万ドル。

 

で、たまたま最近EDSACというコンピュータのことを知った。

 

2進数を使い、プログラムを内蔵できる世界初の実用コンピュータ。EDVACとEDSACの間にはいろいろあったようですが、、、

 

でそのEDSACを使った現在でも有名な計算例がBSD予想だって!

 

https://wstein.org/talks/seattle-2004/bsd-talk-comments.pdf

 

当時の最先端のコンピュータを使ってまずこれを計算しようと思ったのがすごいな。

 

ちょっと前に佐藤・テイト予想をScratchで計算、というのをやったけどそれと重なる。

 

Scratch(プログラム言語)で佐藤・テイト予想(sin^2θ予想)を確認。 #数楽

 

と、それで思い出したのがFermi Pasta Ulam問題(FPU問題)。

 

MANIACが使えるようになってまずFermiたちが計算しようとおもったのが弱く結合した非線形振動子。テーマの選び方がすごい。これで各モードにエネルギーが分配されると思ったら全く予想に反して再帰現象を見つけた。

 

私が計算したのはこれ:

 

Fermi-Pasta-Ulam(FPU)問題をExcel VBA-シンプレクティック8次で計算

 

Fermi-Pasta-Ulam問題(FPU問題)で、振動子の動きをGIFアニメで見てみる。

 

ちなみにENIACではこんな計算がされていたそう。

 

ENIAC(最初のコンピュータ)が実際にやった弾道計算って具体的にどんなのか調べた。

 

 

 

今もスーパーコンピュータは次々出てますが、性能云々よりも一体何を計算するのか?というのがセンスが問われるところかな。

 

 

 

 

« 1/3 19:35ごろから阪急京都線、南茨木~摂津市駅間の踏切確認で止まってる。 | トップページ | 危ない!ガスで本当に燃えてるライトセーバーを作った人がいる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/3 19:35ごろから阪急京都線、南茨木~摂津市駅間の踏切確認で止まってる。 | トップページ | 危ない!ガスで本当に燃えてるライトセーバーを作った人がいる。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ