« 1/6のNHK歴史秘話ヒストリアSPは「徹底解明!これが“真田丸”だ」でした。 | トップページ | 原子番号137以上の元素はないとファインマンが言っていた(原子番号113が理研が命名権獲得!で思い出した) »

2016年1月 7日 (木)

「密室蒐集家」を読んだ。

本格ミステリ大賞受賞、ということで楽しみに読んだ.
1937年から2001年にわたる短編集で、みんな読みたい密室トリック三昧です。密室蒐集家がいろいろ解説してくれる。
古典的トリックと思いきや、うまくひねっていて面白い。
理由ありの密室が、なるほど!と思う作品。少年と少女の密室もなんかしみじみ、、、でも同じ○○ってありなのか?
佳也子の屋根に雪ふりつむ、はあの大作ミステリのような?と思ったら違いました(と密室蒐集家が否定してました)。でも意外な犯人ものでこれも面白い。

« 1/6のNHK歴史秘話ヒストリアSPは「徹底解明!これが“真田丸”だ」でした。 | トップページ | 原子番号137以上の元素はないとファインマンが言っていた(原子番号113が理研が命名権獲得!で思い出した) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63003840

この記事へのトラックバック一覧です: 「密室蒐集家」を読んだ。:

» 密室限定のミステリを [笑う社会人の生活]
小説「密室蒐集家」を読みました。 著者は 大山 誠一郎 5つの短編で、独立した作品ながらも どれもが題名通り密室蒐集家が出てくるという まさに本格ミステリというか、密室事件に特化したミステリモノです こういったパズラー的な作品なので、そのミステリとしての評...... [続きを読む]

« 1/6のNHK歴史秘話ヒストリアSPは「徹底解明!これが“真田丸”だ」でした。 | トップページ | 原子番号137以上の元素はないとファインマンが言っていた(原子番号113が理研が命名権獲得!で思い出した) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ