« さっきブラタモリで琉球・首里城の水質検査に使っていたのは堀場製作所の水質計 | トップページ | ドコモの学割のCMでなぜか綾野剛さんと高畑充希さんが斉藤さんゲームを、、、 »

2016年2月28日 (日)

水鏡推理II インパクトファクター を読んだ。STAP事件を下敷きにした研究不正を暴くミステリ。

文部科学省の”研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース”の下っ端役員、水鏡瑞希シリーズ第二弾。第一巻も非常に面白かった(&表紙が良かった、、、)ので今回の第二巻も期待していた。
もともと第一巻もSTAPを経緯に書かれたと思いますが、今回はまさしくそのものを下敷きにしたもの。
ノーベル賞級のFOV人工血管を科学誌に発表した若く美しい研究班リーダーの如月智美。論文の共著者は副所長 滝本と志賀、そしてインドの恩師アヴァリ教授。記者発表をし、センセーショナルに扱われる。
しかし、Twitterで画像のコピペを告発され(ここまでの展開はSTAPと全く同じだ、、、)、そして、、、
また如月は瑞希の小学生時代の親友だった。親友を信じられない理由とは、、、
というもの。
第一巻で出てきた登場人物、瑞希以外全員異動になっているという驚愕(でも本当に役所ならありうる話)の状況でスタート。
で、結末は、、、
STAPのようでなく、スパッと解決されます。
しかしインパクトファクターがタイトルの小説というのもすごいな。
こんなのです。
第三巻は6月15日発売、パレイドリア・フェイス、というそうです。
天井のしみが顔に見える、といういパレイドリア現象を基にしてるのかな?
 

« さっきブラタモリで琉球・首里城の水質検査に使っていたのは堀場製作所の水質計 | トップページ | ドコモの学割のCMでなぜか綾野剛さんと高畑充希さんが斉藤さんゲームを、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63271100

この記事へのトラックバック一覧です: 水鏡推理II インパクトファクター を読んだ。STAP事件を下敷きにした研究不正を暴くミステリ。:

« さっきブラタモリで琉球・首里城の水質検査に使っていたのは堀場製作所の水質計 | トップページ | ドコモの学割のCMでなぜか綾野剛さんと高畑充希さんが斉藤さんゲームを、、、 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ