« 教場(長岡弘樹)を読んだ。 | トップページ | 映画”オデッセイ”(火星の人)を公開初日にIMAX 3Dで観てきた。なかなかよかった。 »

2016年2月 5日 (金)

パズル崩壊(法月綸太郎)を読んだ。

1992-1995に発表された8編の短編集です。しかも法月綸太郎が出ない珍しいシリーズ。
女の上半身と男の下半身が合体した遺体が現れる”重ねて二つ”、懐中電灯が非常に重要な役割のそのまま”懐中電灯”がよかったな。
絵画が主体の珍しいカットアウト、そして最後のお話は、生首に聞いてみろ、のもとになるはずだったお話だそうです。
 

« 教場(長岡弘樹)を読んだ。 | トップページ | 映画”オデッセイ”(火星の人)を公開初日にIMAX 3Dで観てきた。なかなかよかった。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63048593

この記事へのトラックバック一覧です: パズル崩壊(法月綸太郎)を読んだ。:

« 教場(長岡弘樹)を読んだ。 | トップページ | 映画”オデッセイ”(火星の人)を公開初日にIMAX 3Dで観てきた。なかなかよかった。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ