« 中国の方が日本より製造業の技術が進んでいる、という話、、、身につまされる、、、設備だけじゃない、システムの問題。 | トップページ | アダムズ方式って何?(衆議院の小選挙区制の改革で) »

2016年2月22日 (月)

「私の嫌いな探偵」を読んだ。

おなじみ烏賊川市シリーズの短編集。死に至る全力疾走の謎、は何となく殺人方程式を思いだした(そんなに似てるわけではない)。あ、というか島田さんのある作品の方かな。
そして烏賊神家の一族の殺人、が一番面白かった。これ私このうんちく知ってたのでもしや、、、と思ったらそうでした。
その他、探偵が撮ってしまった画、はこんな古典なのを面白題材にしたのか!とびっくり。あと死者は溜め息を漏らさない、二〇四号は燃えているか?(これがドラマ化されたとか)の5編。どれもギャグだらけだけど本格的です。
 

« 中国の方が日本より製造業の技術が進んでいる、という話、、、身につまされる、、、設備だけじゃない、システムの問題。 | トップページ | アダムズ方式って何?(衆議院の小選挙区制の改革で) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63003608

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の嫌いな探偵」を読んだ。:

« 中国の方が日本より製造業の技術が進んでいる、という話、、、身につまされる、、、設備だけじゃない、システムの問題。 | トップページ | アダムズ方式って何?(衆議院の小選挙区制の改革で) »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ