« 長岡天神の桜、もうギリギリ花見ができるくらい-4/10 | トップページ | 4/11 20:00過ぎ、阪急京都線が摂津市~南茨木で踏切内人立ち入りで遅れてる、、、 »

2016年4月11日 (月)

木蓮荘奇譚 伊集院大介の不思議な旅 を読んだ。

栗本さんのミステリーですが、私復刊していた一番最初の絃の聖域と、この一番最後の木蓮荘奇譚だけ読んだという。。。間をすべてすっ飛ばし、、、なのでアトムくんって誰?からスタート。でも面白かった。
木蓮の匂う屋敷で、ピアノを子供たちに教える80歳の品のいい老婦人と伊集院さんは知り合い、屋敷でお茶をごちそうになるまでになる。
この地域では小さなかわいらしい子供たちの失踪が3件も過去に起きていた。
その親の一人から再度の捜索を頼まれる伊集院さんだが、、、
というものですが、最後らしく今まで解決してきた(いや読んでないけど)過去の事件が自身にも影響があって、悩む姿も描かれてます。
真相は、、、ああこういうのは悲しいですが個人的には好きな展開でした。

« 長岡天神の桜、もうギリギリ花見ができるくらい-4/10 | トップページ | 4/11 20:00過ぎ、阪急京都線が摂津市~南茨木で踏切内人立ち入りで遅れてる、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63217977

この記事へのトラックバック一覧です: 木蓮荘奇譚 伊集院大介の不思議な旅 を読んだ。:

« 長岡天神の桜、もうギリギリ花見ができるくらい-4/10 | トップページ | 4/11 20:00過ぎ、阪急京都線が摂津市~南茨木で踏切内人立ち入りで遅れてる、、、 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ