« くらげがどう効率よく泳ぐかのGIFアニメ。 | トップページ | IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience »

2016年5月 5日 (木)

64(ロクヨン)文庫版上下巻を一気に読んだ。

映画化で佐藤浩市さんがバンバン番宣でいろんな番組に出てる、、、ので原作を読んでおこうと思った。
 
”犯人は、まだ昭和にいる。”という映画のキャッチコピーと予告編から、主人公が未解決事件を追い続ける、という話かな?と思ったら、、、
全然違いました。しかし面白い!
 
主人公はD県警の広報官(ただし元刑事で一人娘が失踪中)の三上。記者クラブの対応をするが、ある交通事故の加害者の匿名問題で紛糾する。
そんな中、昭和64年に起きた翔子ちゃん誘拐殺人事件が時効に近づき、警察庁長官がD県を視察、遺族宅を訪れようとする。
しかし遺族からは拒否され、刑事部からは反発をくらう。
刑事部と警務部の全面戦争が起き、暗躍する上司やキャリア、記者との関係はさらに悪化。
しかし三上は本当の長官訪問の目的を知る。
そして視察前日にさらにD県警を揺るがす事件が起きる。
一体長官訪問の目的は?ロクヨンは解決するのか?
 
というもの。
 
しかし後半もだいぶ進むまで、中央と県警の争い、県警内の刑事部と警務部の争い激化で、一体これ事件解決するんだろうか?ページももうあんまりないぞ?
と思っていた。
しかし、ああ、あの伏線がそれか!そういうことなのか!と驚くような方法で真相が明らかになる。その伏線ってもう一つ別に進んでいる話の伏線だとずっと思っていた。
これは確かにすごい警察小説でした。お勧め。
 
映画のキャストみたら:
なるほどー、と思える役者さんたちがそろってるな。
でもあゆみとみずきが(設定上そんなにきれいじゃないのだが)きれいすぎ、、、だがこれはしかたない。
 

« くらげがどう効率よく泳ぐかのGIFアニメ。 | トップページ | IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63581310

この記事へのトラックバック一覧です: 64(ロクヨン)文庫版上下巻を一気に読んだ。:

« くらげがどう効率よく泳ぐかのGIFアニメ。 | トップページ | IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ