« IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience | トップページ | 5/5のビーバップハイヒールは”日本を支えるモノづくり made in OSAKAの底力”でした。 »

2016年5月 5日 (木)

携帯電話の通話は、その人の声じゃなくて音の見本を使ったものまねか?(アンビリバボーでやってたが、、、)

さっきフジテレビの奇跡体験アンビリバボーを見てたら、、、
携帯電話の音声はその人の声が送られるのではなくて、音の見本を何億種類か持っていてそこからものまねする、、、というようなことを言っていた。
うーん、、、言わんとしていることはわからんでもないですが、
音声圧縮符号化技術のことを言ってるんですよね。
例えばLTEの音声圧縮符号化技術、AMR-WBやその前のAMRとかはACELPというのを使っている。
その前身となった
CELPという技術は例えば、
とか
また
ACELPについては
など。
一般的な話をこんなところを参照:
 

« IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience | トップページ | 5/5のビーバップハイヒールは”日本を支えるモノづくり made in OSAKAの底力”でした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63585745

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の通話は、その人の声じゃなくて音の見本を使ったものまねか?(アンビリバボーでやってたが、、、):

« IBMが5Qubitの量子コンピュータをリモートでみんなが使えるようにするって。IBM Quantum Experience | トップページ | 5/5のビーバップハイヒールは”日本を支えるモノづくり made in OSAKAの底力”でした。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ