« 生命大躍進(脊椎動物のたどった道)@大阪市立自然史博物館へ行ってきた。 | トップページ | 松尾大社でお参り。 »

2016年5月16日 (月)

清原被告が観て涙ぐんだという、鷹の選択はフィクション。

NEWS ZEROで今やってました。清原と同じく覚醒剤に手を出していたA氏と
鷹の選択(鷹は40年たつと、羽が重くなり飛べなくなる。死を選ぶかそれとも自分で羽をむしり取ってでも新しい生き方を選ぶか、というもの)を見て、涙ぐんだ、という話。
いい話だが、もちろんフィクション。
 
同じく語ったのは、昔はバット一本でホームラン打てばマスコミは黙った。今はバットもってないねん、、、ということだった。
 
 

« 生命大躍進(脊椎動物のたどった道)@大阪市立自然史博物館へ行ってきた。 | トップページ | 松尾大社でお参り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/63642269

この記事へのトラックバック一覧です: 清原被告が観て涙ぐんだという、鷹の選択はフィクション。:

« 生命大躍進(脊椎動物のたどった道)@大阪市立自然史博物館へ行ってきた。 | トップページ | 松尾大社でお参り。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ