« 伝説のすた丼屋の限定メニュー、闇辛ウシジマ丼シリーズの劇辛牛カルビ丼を食べた。 | トップページ | 9/4のNHKスペシャルは”シリーズMEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~ 第1集 加速する異常気象との闘い ”でした。 »

2016年9月 4日 (日)

9/4のがっちりマンデーは”あなたの足元にも儲かりの種が!?「儲かる地面ビジネス」 青森に宝の“砂”山が!道路の横の「グレーチング」って何だ?”でした。

①山形県山形市のモス山形 
 山本社長が説明してくれる。社員10名で年商2億円。
 山の中へ入る。黒い遮光ネットを張っている部分が儲かりの種。
 芝生?いや苔だ。コケボード。
 都市部の屋上の緑化に使われる。芝生よりいいところは?
 水やりは不要で、スナゴケは空気中の水分だけでいいし、土もいらないので軽い。
 でも栽培は大変。病気にかかったときの対処法とかノウハウがある。19年前に、
 酒屋を営んでいた社長が京都議定書を見て、これからは緑化ビジネスだと始めた。
 発砲スチロールのパネルに地元のおばさまたちが縫い付ける。
 苔を栽培している場所もポイント。ただみたいなもの。耕作放棄地を使っている。
 猫用座布団も作っている。
②広島県 呉市のダイクレ
 総務の濱崎さんが説明してくれる。
 日本全国どこへ行っても目にするもの。
 グレーチング。道路の溝に使われる格子状のふた。
 日本で4割のシェア。年商は177億円。
 作る設備は自社開発。創業者の山本茂は戦艦大和の開発にかかわった。
 細い金棒が機械で次々溶接されている。
 画期的な発明があって、ねじった棒を溶接してグレーチングを作っている。
 ああ、たしかにねじっているやつあるなあ!
 ねじってあると点接触なので素早く溶接できる。
 もともとクロスバーは10㎝間隔だったのだが5cmにしたのもダイクレ。
 同じ時間で倍の溶接ができるようにした。
 ハイヒールにも大丈夫な細いグレーチング、またファイバーグレーチングや
 鹿が嫌がるテキサスゲートグレーチングなども作っている。
③港区元赤坂のルナサンド
 社長の原田路子さんが説明してくれる。仕事はガテン 性格はラテン。
 砂のビジネスをやっている。年商30億円。砂かけババアと呼ばれているとか(笑)。
 ゴルフ場に砂を納めたり、競馬場に納めたりしている。
 青森に宝の山がある。
 青森県六ヶ所村へやってきた。
 ルナサンドの原田さん?ああ、弟さんなんだ。
 プレミアムサンドという砂がある。何が違う?
 砂の粒が丸くて大きさが揃っている。
 千葉県の京葉カントリー倶楽部のグリーンキーパーさんにも好評。
 水はけがよく、柔らかい。
 海だった場所が隆起してできた土地なので海水であらわれ丸い。
 千葉でもうひと手間かける。船橋工場にやってきた。
 砂を焼いている。殺菌と余分な大きさの粒を取り除く。
 競馬場では1~4コーナーで同じ砂が必要となり、それにも対応できる。
---
 
そして森永さんのお勧めは、フリー工業ののり面加工。
 

« 伝説のすた丼屋の限定メニュー、闇辛ウシジマ丼シリーズの劇辛牛カルビ丼を食べた。 | トップページ | 9/4のNHKスペシャルは”シリーズMEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~ 第1集 加速する異常気象との闘い ”でした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/64154684

この記事へのトラックバック一覧です: 9/4のがっちりマンデーは”あなたの足元にも儲かりの種が!?「儲かる地面ビジネス」 青森に宝の“砂”山が!道路の横の「グレーチング」って何だ?”でした。:

« 伝説のすた丼屋の限定メニュー、闇辛ウシジマ丼シリーズの劇辛牛カルビ丼を食べた。 | トップページ | 9/4のNHKスペシャルは”シリーズMEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~ 第1集 加速する異常気象との闘い ”でした。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ