« 1/10、Gilbert Strangさん(MIT教授)の線形代数の授業がUTokyo OpenCourseWare x で行われます! | トップページ | 紙でできた激安の遠心分離機が開発されたって! »

2017年1月10日 (火)

「神様の裏の顔」を読んだ。なるほどー、そうきますか!

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作で、作者の藤崎翔さんはもと芸人さん、
ということで前々から読みたかったのをようやく読んだ。
神様のような、誰からも慕われる清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去し、その通夜でのお話。参列者が神様を偲ぶのだが、それぞれの心の中に疑惑が生じる。神様は本当は凶悪な犯罪者だったのでは、、、と。
これだけ聞くと悪の教典みたいな話?と思いましたが、全然違いました。
○○トリックが取り入れられていて、全く予想していなかった結末。
そうなんだー、これは他の作品も読んでみたい。

« 1/10、Gilbert Strangさん(MIT教授)の線形代数の授業がUTokyo OpenCourseWare x で行われます! | トップページ | 紙でできた激安の遠心分離機が開発されたって! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/64742313

この記事へのトラックバック一覧です: 「神様の裏の顔」を読んだ。なるほどー、そうきますか!:

« 1/10、Gilbert Strangさん(MIT教授)の線形代数の授業がUTokyo OpenCourseWare x で行われます! | トップページ | 紙でできた激安の遠心分離機が開発されたって! »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ