« 長岡京市役所がライトアップされている?最近、長岡京は「かしこ暮らしっく」というキャッチコピーを作ったからそのカラーのよう。 | トップページ | 11歳のジャズの歌姫、アンジェリーナ・ジョーダン・アスターが来日してたのか。今すまたんで紹介していた。 »

2017年3月31日 (金)

”その可能性はすでに考えた”(井上真偽さん)を読んだ。これは新しい。ものすごく可能性を感じるミステリ。

もうずっと前から話題になっていたのは知ってましたが、ようやく読みました。これは面白いわ、、、あらすじは、
”かつてカルト宗教団体が首を切り落とす集団自殺を行った(おっとここで清涼院流水のコズミックを思い出した、、、が全然違います)。
唯一の生き残りの少女は不思議な体験をした。共に暮らした少年が首を切り落とされながらも少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだと、、、
その真相を知るために彼女は探偵、上苙丞に依頼する。
探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するために、すべての人間ができるようなトリックが不成立であることを立証する。”
というもの。
探偵が何度も仮説の推理を出しては否定され、出しては否定され、というのはたまにありますが、それの発展形ですよね。探偵が証明したいのは奇蹟で、もうすべて思いつくようなものは排除するために推理する。でも最終的には本格ミステリになるという。。。
第二作もすでに出版されているので続けて読みたい。
虚構推理の反対ですね、とも思った。

« 長岡京市役所がライトアップされている?最近、長岡京は「かしこ暮らしっく」というキャッチコピーを作ったからそのカラーのよう。 | トップページ | 11歳のジャズの歌姫、アンジェリーナ・ジョーダン・アスターが来日してたのか。今すまたんで紹介していた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65069868

この記事へのトラックバック一覧です: ”その可能性はすでに考えた”(井上真偽さん)を読んだ。これは新しい。ものすごく可能性を感じるミステリ。:

« 長岡京市役所がライトアップされている?最近、長岡京は「かしこ暮らしっく」というキャッチコピーを作ったからそのカラーのよう。 | トップページ | 11歳のジャズの歌姫、アンジェリーナ・ジョーダン・アスターが来日してたのか。今すまたんで紹介していた。 »

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ