« 琵琶湖大橋を徒歩で渡りながらポケモンGOをすると、海上に一本道だけあるように見えてものすごく不安に、、、 | トップページ | 「忍びの国」を読んだ。映画化されるということでその前に読もうと。これを嵐の大野君がやるの!そのままやったら大悪人だ、、、 »

2017年5月21日 (日)

5/21のNHKスペシャル”発達障害 ~解明される未知の世界~”を観てました。速記メモ。

NHKのスタジオには続々とメールが届いている。井ノ原さん(イノッチ)と有働さんの出演する番組で生放送だ。当事者のみなさんの人の声を聴きたいとのこと。

15人に1人は発達障害の可能性がある小中学生がいる。
---
発達障害の治療を行う昭和大学付属鳥山病院。
あさイチで取材した2012年より2倍の患者がいる。
発達障害。その世界が変わろうとしている。
6年前に発達障害と診断された高校生の女の子。
なぜなのか本人もわからなかった。
専門の検査を受けたところ、聴覚の過敏が見つかった。
社会から理解されにくい行動の謎。
最先端の科学が解き明かしつつある。
脳の情報処理の方法が多くの人とは違うことがわかってきた。
さらに、見え方・聞こえ方が多くの人とは異なることもわかってきた。
光が目に刺さる、と感じる人もいる。
---
スタジオでいろんな人のメールを紹介する。
なかなか理解されない実情がわかる。
ゲストは栗原類さん。
あさイチで発達障害と告白した。
---
そもそも生まれつきの脳の特性で、アスペルガー・自閉症などを含む自閉スペクトラム症ASD、不注意、落ち着きのないADHD,読み書きができないLDというものがある。
でも境界はあいまいだ。
なぜこういうことが起こるのか最新の研究でわかってきた。
---
情報通信研究機構の長井先生がVRも使って解明しようとしている。
様々な場面の明るさやコントラストなどを検証している。
明るいところでは、光を痛いと感じる人、動きがあるものに色が無くなる人、光の粒がみえる人など様々だった。
感覚過敏と呼ばれる。
ここ数年で注目されている。
子どもを中心に研究されていたが、数年前から大人も増加したので、違和感を表現できるようになった。
---
ある当事者が取材に応じてくれた。河髙素子さん。
暗いほうが楽という。光がまぶしすぎるという。
最も強い過敏は音。
外を少し歩いただけで音を拾いすぎる。
スーパーマーケットの店内が一番ひどい。
冷蔵庫からも音が聞こえる。
蛍光灯の音まで聞こえる。
---
国立精神・神経医療研究センターの研究室で聴覚性過敏の実験をした。
突然ヘッドフォンから音をだして、目の周りの筋肉がどうなるか検証した。
音が大きくなるにつれて普通の人は反応がリニアに変わる。
発達障害の人は小さな音でも大きく反応する。
普通の人にとってのパチンコ店がスーパーの音に匹敵する。
--
喫茶店でいろんな声が聞こえる場合は、話している相手の話が全く聞こえなくなる。
---
ロンドン大学。
フランチャスカ・ハッペ教授が語る。
多くの人は周囲からの音を聞き続けるうちに気にならなくなる。司令塔である脳が慣れを起こすから。
聞きたい音だけ聞こえるのはそれで不要なレベルを下げるから。
自閉スペクトラム症はその司令塔の働きができていない。
慣れの機能がないので、常に新しい音として認識してしまう。
脳が混乱状態にある。
---
さらにスタジオには片岡聡さん(大学院を出て就職、40歳で自閉スペクトラム症と診断された方、シロクマのぬいぐるみを抱くと落ち着く)、綾屋紗月さん(同じく自閉スペクトラム症と診断。東京大学 特任研究員)が登場。スタジオのまぶしさがきついという。
話し相手の顔を見ないでいいというルールで番組に出ている。
人の顔を見るとほくろとか余計な情報が入ってきて会話にならない。
本田秀夫さん(信州大学医学部)も登場。色んな感覚があって、誰がどの感覚が過敏かは人それぞれだという。
---
次はADHDとLDについて。
小学生の時を思い出してほしい。宿題を毎日忘れる子、ランドセルの中はぐちゃぐちゃ、授業中は落ち着きがない、よそ見ばかり。何度怒られても直らない。
本人は世界をどうとらえていたのか?
名古屋大学の岡田俊さんの監修でどう思っているのかを見せる。
授業を最初はきいていたのだが、
ポスターを見てそれにとらわれる。
次は前の子の髪留めで頭がいっぱいに。
分かっていても止められない。
順序立てて行動したり、喜びや満足を得るために待つ、という機能がADHDには書けている。
笹森理恵さんが語ってくれる。捨てる・捨てないの判断ができない。
だらしなくてみっともないと見えることが多い。実際にぐちゃぐちゃになっている。
本人も困っているけどどうしようもない。
---
教科書の音読が極端に苦手な子はいなかった?
LD、学習障害と呼ばれる。
読むことが困難な原因も解明されつつある。
読むと文字の形が認識され、過去の知識と照合される。
LDがあれば、綴りの照合に時間がかかる。
筑波大学の宇野さんの監修で再現する。
3文字を超える言葉はなかなか認識できない。
いちばん、もどこで切ったらいいかわからない。
読めないことを責められるとさらにぼやけて感じられる。
神山忠さんも特別支援学校で技術の授業を担当しているが、
今も読みにくい。文字を隠しながら読んで処理している。
---
スタジオには3700件ものメール・FAXが来ている。
個性と障害の違いは何なのか、とか。
---
二次障害というものが問題になっている。
発達障害の人がさらにうつ、不安障害、などを発症する。
ASDの最大70%がうつというイギリスの調査もある。
---
リラさんが取材を受けてくれた。
ASDで、かつ躁うつ病を発症した。
今は無職。どの職場にもなじめなかった。
食品工場では音や匂いが厳しかった。
事務の仕事では人間関係が築けなかった。
普通に従わなければならない、というのになじめなかった。
当事者の集まりには同じ境遇の人が集まる。
多い意見、多数派の意見を持ち合わせる人が普通。
少数派の意見を持っている自分たちにはなじめない。
スタジオの皆さんも普通プレッシャーを感じるという。
FAXでも「普通わかるだろ」というのの普通がわからないという意見が。
---
イギリス・マンチェスター。
感覚過敏の人に対して、クワイエットアワーという時間を設けているお店がある。
音も消して、照明も暗くした。1割、売り上げが増加した。
アメリカ・レドモンド。マイクロソフト社。
2年で29人の発達障害の人を採用した。プログラムのチェックには細かい違いに気づくことが武器になる。
ニューヨーク。
発達障害専門の就労支援企業までできている。
一流の企業と提携している。
他人と違うことは重要だというこの会社のCEO。
日本、大阪。
伊藤直さん。自閉スペクトラム症と診断されている。IT関連企業に障がい者枠で採用された。植物に適当に水やって、と言ったらずっと水をやっていて床も水浸しになった。
あいまいな表現ではなく、コップに何杯、とかいう指示にした。
経理が最も得意。小さなミスも見逃さない。
出張の書類を見て、17日と19日があったが18日がない。本人に確認した。
しかし一度トラブルがあった。経理以外にも課題を与えようとしたのだ。
すると異変が生じた。ミスをするようになった。しかも自分を責めるような行動を。
追い詰めてしまった。臨床心理士に相談。幅を広げることは大きなストレスになるといわれた。得意なことに集中する環境にすれば直った。
---
5500通のメールFAXが来たとのこと。ホームページでライブストリーミングをこの後するという。

« 琵琶湖大橋を徒歩で渡りながらポケモンGOをすると、海上に一本道だけあるように見えてものすごく不安に、、、 | トップページ | 「忍びの国」を読んだ。映画化されるということでその前に読もうと。これを嵐の大野君がやるの!そのままやったら大悪人だ、、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65311170

この記事へのトラックバック一覧です: 5/21のNHKスペシャル”発達障害 ~解明される未知の世界~”を観てました。速記メモ。:

« 琵琶湖大橋を徒歩で渡りながらポケモンGOをすると、海上に一本道だけあるように見えてものすごく不安に、、、 | トップページ | 「忍びの国」を読んだ。映画化されるということでその前に読もうと。これを嵐の大野君がやるの!そのままやったら大悪人だ、、、 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ