« ”やさしい麦茶”のCM、新しいダカラちゃんになったのかと思いきや!しずくちゃんの妹のなぎさちゃんが大きくなっていたのか! | トップページ | 5/28のしくじり先生にあの高橋名人が出ていた。子どもをだまし続けた30年?一体どういう、、、速記メモ更新中。 »

2017年5月28日 (日)

”蜂蜜と遠雷”(恩田陸さん)をようやく読んだ。これはすごいですわ、、、小説で音楽が表現されてる。

昔、サルまん(竹熊さんと相原さんの)で、音楽は漫画になりにくいという話を読んだ。確かになー、と思っていたのだが、この蜂蜜と遠雷、見事に音楽が頭に響くお話でした。
あらすじは、「
芳ヶ江国際ピアノコンクールで優勝したものはさらに最高峰のコンクールでも優勝するというジンクスがあり、世界から優秀なピアニストが参加する。
そこに、養蜂家の父と各地を転々とし、なんとピアノを持っていない少年風間塵、
かつて天才少女としてデビューしながら、13歳で母が死にピアノから遠ざかっていた栄伝亜夜、楽器店勤務のサラリーマンで妻子もいる高島明石、そして完璧な演奏技術と音楽性を持ち優勝候補と目されるマサル・レヴィ・アナトールらが参加する。
1次から3次予選、本選を勝ち抜き優勝するのは一体誰?」
というものですが、とにかく登場人物たちが魅力的で、読んだ人は必ず誰かに感情移入すると思う。私は立場上は明石さんかな、、、
伝説のピアニストから、ギフト(か厄災)と言われた常識外れの才能を持つ塵が、皆を揺り動かすトリガーとなり、特に亜夜の心が揺さぶられるのはすごくよかった。
高島さんと亜夜の交流も、、、
これは絶対読んでおいた方がいい名作です。
直木賞と本屋大賞ダブル受賞ももちろん納得。

« ”やさしい麦茶”のCM、新しいダカラちゃんになったのかと思いきや!しずくちゃんの妹のなぎさちゃんが大きくなっていたのか! | トップページ | 5/28のしくじり先生にあの高橋名人が出ていた。子どもをだまし続けた30年?一体どういう、、、速記メモ更新中。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65340813

この記事へのトラックバック一覧です: ”蜂蜜と遠雷”(恩田陸さん)をようやく読んだ。これはすごいですわ、、、小説で音楽が表現されてる。:

« ”やさしい麦茶”のCM、新しいダカラちゃんになったのかと思いきや!しずくちゃんの妹のなぎさちゃんが大きくなっていたのか! | トップページ | 5/28のしくじり先生にあの高橋名人が出ていた。子どもをだまし続けた30年?一体どういう、、、速記メモ更新中。 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ