« 6/22の朝日放送「ビーバップ・ハイヒール」の特集は「学校では教えられない!エロすぎる古典」でした。速記メモ。 | トップページ | 遥かなるルネサンス展@神戸市立博物館を観てきた。天正遣欧少年使節の伊東マンショや千々和ミゲルがどうなったかを知った!面白かった! »

2017年6月24日 (土)

#せやねん #メチャ売れ で金鳥の蚊取り線香の特集をしている。速記メモ。発売130年だとか!

世界で初めて除虫菊の殺虫成分を使って開発されたもので、発売130年ずっと売れ続けているKINCHOの蚊取り線香。

和歌山県有田市にある大日本除虫菊 紀州工場へかつみさゆりさんがやってきた。。 
笹岡可奈さんが説明してくれる。
正式名称は金鳥渦巻。
21種類もある。
ローズ、ラベンダー、森の香りもある。
太巻きや、天然の除虫菊を使ったものも。
蚊取り線香は時間は1巻きで7時間ほど持つ。
でもミニサイズもあって、3時間持つタイプも。
デング熱・ジカ熱対策にも使われる。
線香皿もオシャレになっている。
上山英一郎の生家が紀州工場にある。生家の周りに工場を作った。
保存状態がいい。東郷平八郎が純真村、と書いていたり。
次は工場長の浅井さんに聞く。
1886年にアメリカから除虫菊の種をもらった上山さんは、試行錯誤の末、1890年に蚊取り線香を発売した。当時は棒状。40分しかもたなかった。
奥さんが渦巻を考案したが開発に苦労したとのこと。
1902年、渦巻が完成した。
花の部分を乾燥させて粉末にするもの、タブノキの葉を乾燥させたものなど10種類も配合している。工程を見せてもらうと
篩や捏場という看板が。
金型も見せてくれる。一瞬で打ち抜く。でも余りのシートはどうする?
実は再利用する。
出来立ては柔らかい。120mリフトに乗せて移動し、干場で2日間で乾燥させる。一日15万枚。
補助的に扇風機を使うが、基本自然の風で乾燥させる。

« 6/22の朝日放送「ビーバップ・ハイヒール」の特集は「学校では教えられない!エロすぎる古典」でした。速記メモ。 | トップページ | 遥かなるルネサンス展@神戸市立博物館を観てきた。天正遣欧少年使節の伊東マンショや千々和ミゲルがどうなったかを知った!面白かった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65450573

この記事へのトラックバック一覧です: #せやねん #メチャ売れ で金鳥の蚊取り線香の特集をしている。速記メモ。発売130年だとか!:

« 6/22の朝日放送「ビーバップ・ハイヒール」の特集は「学校では教えられない!エロすぎる古典」でした。速記メモ。 | トップページ | 遥かなるルネサンス展@神戸市立博物館を観てきた。天正遣欧少年使節の伊東マンショや千々和ミゲルがどうなったかを知った!面白かった! »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ