« 松屋で粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食を食べた。麻婆のようでもあり、カレーのようでもあり。でもなかなかおいしい。 | トップページ | 関ヶ原へ行ってきた(その2) 東首塚→徳川家康最後の陣地 »

2017年8月16日 (水)

映画”フェリシーと夢のトウシューズ”を観てきた。顔のそばかすとほくろがとても自然。

盆休み最後の日にぽっかり予定が空いたので映画を観に。スパイダーマンとトランスフォー―は観たので、フェリシーと夢のトウシューズにした。

予備知識全くなかったのですが、なかなか面白かった。
あらすじは、”
孤児院で発明家を夢見る親友の男の子ヴィクターと脱走を企てるフェリシー。
彼女の夢はパリ、オペラ座でバレリーナになること。
脱走は成功し、そして意地悪な女の子に母親の形見のオルゴールを壊されたりしながらある出来事のためにバレーを習うクラスに入門することに。
もちろん素人だったが、足が悪い掃除係のオデットにも教えてもらいながらメキメキと上達する。
しかし、、、これもある出来事のために孤児院に帰されてしまう。
フェリシーは夢をかなえ、バレリーナになれるのか?”
というもの。
フェリシーの上達がいくらなんでも早すぎるだろ!というのはあるんですが、夢をかなえるために頑張るフェリシーがよかった。ダンスバトルも見どころ。
そしてフェリシーの顔のそばかすとほくろがものすごく自然。CGでここまで来たか、、、という印象。
発明家志望の男の子はナディアのジャンのようだ。それがあのアメリカに送ったあれの前で空中戦を。ここも見どころ。
子供に勧められる良作でした。

« 松屋で粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食を食べた。麻婆のようでもあり、カレーのようでもあり。でもなかなかおいしい。 | トップページ | 関ヶ原へ行ってきた(その2) 東首塚→徳川家康最後の陣地 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65672733

この記事へのトラックバック一覧です: 映画”フェリシーと夢のトウシューズ”を観てきた。顔のそばかすとほくろがとても自然。:

« 松屋で粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食を食べた。麻婆のようでもあり、カレーのようでもあり。でもなかなかおいしい。 | トップページ | 関ヶ原へ行ってきた(その2) 東首塚→徳川家康最後の陣地 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ