« #せやねん メチャ売れのコーナーではユニクロのワイヤレスブラが紹介されていた。 | トップページ | 仮面ライダービルド、オープニング曲で数式(エントロピー、ハイゼンベルク方程式、ローレンツ変換)が壁を突き破ってくる斬新な演出 »

2017年9月10日 (日)

映画「ダンケルク」をexpocityのIMAX次世代レーザーで観てきた。アスペクト比1:43(!?)はさておき、ものすごく痛そうな銃声とどうやって撮ったか想像できないシーンの連続。ジャムパンと紅茶が欲しくなる。イギリス万歳の映画。

109シネマズのIMAX次世代レーザーでダンケルク観てきました。70㎜の作品をちゃんと見ようと、expocityのあの超でかいスクリーンで。

おまけにもらえるクリアファイルですが、、、
20170909_1809501
なに?1:43のアスペクト比?
って修正の紙が入ってました。
20170909_180957
まあそりゃそうだ、、、1.43:1でした。
それはそうとすごい人出。満席でした。
20170909_141930
エグゼクティブシートで快適。
内容はさすがにすごかった。最初の銃声から引き込まれる。痛そうな、、、
三か所(海岸、民間船、戦闘機)のそれぞれ1週間、1日、1時間を追った映像ということのようですね。それぞれから見た出来事が、時間を巻き戻してみたりするのでちょっと混乱するかも。
でもあの時あの船がああなっていたのはなんで?とかいうのが別の視点から後でわかるのは面白い。
ダンケルク側の主人公はとにかく何とかして逃げようとしている若いイギリス兵。
トイレをいつも邪魔される。
民間船の船長のおじさんは最後までかっこいい。でもジョージ、、、なんかジョージに感情移入してしまった。最後のあれはよかったなあ。。。
戦闘機のパイロットの1人は、英雄になったけど○○になってしまったということ、、、これも衝撃。
ドイツ兵が一人も出てこない、というかドイツ側の描写が一切ない。
イギリス側から見た(フランスもほとんど出てこない)お話となってます。
そして最後の将軍もかっこいいのだが、、、イギリス万歳過ぎる?
クリストファー・ノーランってイギリス人だっけ、、、ってイギリス人でした。
なら仕方ない。
戦闘機の空中戦シーンとか、魚雷が当たったり爆撃のシーンとか、一体どうやって撮ったんだというシーンが満載。実際の軍艦を使ったというのは聞いた。
民間船がたくさんやってくるシーンは感動的だが、あまりにも小さすぎるのがあるのは、、、
救命船くらいでは海峡渡れないんじゃ、、、とか思った。
日本ならexpocityのIMAXで見るのをお勧めします。
そういや松岡圭祐さんが同じく日本の脱出劇を描いた八月十五日に吹く風、というのを書かれましたが、ダンケルク映画化に影響されたのかな。↓
70㎜フィルムも飾ってあった。さすがにでかい。
20170909_163650
20170909_163642
   

« #せやねん メチャ売れのコーナーではユニクロのワイヤレスブラが紹介されていた。 | トップページ | 仮面ライダービルド、オープニング曲で数式(エントロピー、ハイゼンベルク方程式、ローレンツ変換)が壁を突き破ってくる斬新な演出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« #せやねん メチャ売れのコーナーではユニクロのワイヤレスブラが紹介されていた。 | トップページ | 仮面ライダービルド、オープニング曲で数式(エントロピー、ハイゼンベルク方程式、ローレンツ変換)が壁を突き破ってくる斬新な演出 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ