« 72人の統計学者が連名でp値の閾値を0.05から0.005にしようと言ったのに対し、88名の連名でちょっと待った!そういうことじゃなくて実験のデザインを明確に報告するのが大事だ、という論文が。 | トップページ | iTunes経由のiOS11へのアップデート、実は私も2回失敗してリカバリーモードに、、、最終的に成功した。 »

2017年9月21日 (木)

「イノセントデイズ」(早見和真さん)を読んだ。読後にあぁ、、、という感想しか出てこない衝撃作。

幸乃さんの結末に呆然とする。読後はあぁ、、、これでいいのか?、、、と考えさせられるものでした。
あらすじは、
”田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で死刑を宣告された。一体その凶行の背景に何があったのか?過去に彼女に関わった人々の追想から、彼女の本当の姿が明らかになっていく。そして幼馴染の弁護士たちが再審を求めて奔走するが彼女は、、、”
というもの。
これは結構元気な時に読んだ方がいいです。落ち込んでいるときに読むとさらに落ち込むかも。。。

« 72人の統計学者が連名でp値の閾値を0.05から0.005にしようと言ったのに対し、88名の連名でちょっと待った!そういうことじゃなくて実験のデザインを明確に報告するのが大事だ、という論文が。 | トップページ | iTunes経由のiOS11へのアップデート、実は私も2回失敗してリカバリーモードに、、、最終的に成功した。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65802366

この記事へのトラックバック一覧です: 「イノセントデイズ」(早見和真さん)を読んだ。読後にあぁ、、、という感想しか出てこない衝撃作。:

« 72人の統計学者が連名でp値の閾値を0.05から0.005にしようと言ったのに対し、88名の連名でちょっと待った!そういうことじゃなくて実験のデザインを明確に報告するのが大事だ、という論文が。 | トップページ | iTunes経由のiOS11へのアップデート、実は私も2回失敗してリカバリーモードに、、、最終的に成功した。 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ