« 映画「アトミックブロンド」を観てきた。最後まで(でも?)誰が本当のことを言っているのかわからないスパイ映画。サンプリングが何の伏線?そして痛そう、、、 | トップページ | アラン・チューリングの少年時代の通知表が公開。どう書かれていたか? »

2017年10月24日 (火)

NISTがSI単位を再定義。質量がプランク定数に、温度がボルツマン定数に、電流が電気素量に、molがアボガドロ数に。

もともとSI基本単位は、

m - Meter - Length  (長さはm)

s - Second - Time  (時間はs)

mol - Mole - Amount of Substance (物質量はmol)

A - Ampere - Electric Current    (電流はA)

K - Kelvin - Temperature  (温度はK)

cd - Candela - Luminous Intensity  (光度はcd)

kg - Kilogram - Mass  (重量はkg)

の7つだった。しかしNISTのプレスリリースによると、そのうち4つを変える。

Bringing the World Closer to Revised Measurement System, Scientists Update Four Key Fundamental Constants

17pml015_siconstantscard

質量がブランク定数hに、温度がボルツマン定数kに、物質量がアボガドロ数NAに、そして電流が電気素量eになる。

質量はこれまではキログラム原器を使っていた。

https://www.nmij.jp/library/units/mass/

それがプランク定数になる。

詳しくは産総研でプレスリリースしていたこれ参照:

質量の単位「キログラム」の新たな基準となるプランク定数の決定に貢献

温度は水の三重点を使っていたのがボルツマン定数になる。
これについてはこちらを参照:
電流と電気素量についてはこちら:
モルとアボガドロ定数についてはこちら:
※全般的に説明はこちら:
これはかなり大きな変更ですね。

« 映画「アトミックブロンド」を観てきた。最後まで(でも?)誰が本当のことを言っているのかわからないスパイ映画。サンプリングが何の伏線?そして痛そう、、、 | トップページ | アラン・チューリングの少年時代の通知表が公開。どう書かれていたか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65959186

この記事へのトラックバック一覧です: NISTがSI単位を再定義。質量がプランク定数に、温度がボルツマン定数に、電流が電気素量に、molがアボガドロ数に。:

« 映画「アトミックブロンド」を観てきた。最後まで(でも?)誰が本当のことを言っているのかわからないスパイ映画。サンプリングが何の伏線?そして痛そう、、、 | トップページ | アラン・チューリングの少年時代の通知表が公開。どう書かれていたか? »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ