« 光ファイバー網を地震センサへ、という試みが。重力波を光の干渉で検出するのと原理は違うけど同じ光で重力、というのは面白い。 | トップページ | NISTがSI単位を再定義。質量がプランク定数に、温度がボルツマン定数に、電流が電気素量に、molがアボガドロ数に。 »

2017年10月24日 (火)

映画「アトミックブロンド」を観てきた。最後まで(でも?)誰が本当のことを言っているのかわからないスパイ映画。サンプリングが何の伏線?そして痛そう、、、

月曜日は台風21号の影響でJRが止まってしまって通勤できなかったので、もうお休みにして映画を観に行った。シャーリーズ・セロン主演のアトミックブロンドだ。

http://atomic-blonde.jp/

007みたいなスカッとしたスパイものの女性版?と思ったら全然違う!
舞台はベルリンの壁の崩壊前の東西ドイツで、シャーリーズ・セロンが傷だらけ・青あざだらけのアクション長回しを繰り広げる。
しかもMI6の同僚含め、だれ一人いい人に見えない、、、誰が味方で誰が敵なのか?
そのMI6のマカヴォイは相変わらずすごい演技。いつ変身するのか、、、超能力を使うのか、、、とか思ってしまった(両方別の映画か、、、)。
氷風呂に入るセロンがセクシーというより痛々しくしか見えない、、、
しかしデルフィーヌとのベッドシーンはセクシー。
あとですね、
①氷風呂とウォッカを飲むのが伏線なのか?
②それともFuckin'みたいな言葉を繰り返すのが伏線なのか?
 (あとこんなに煙草をみんなが吸いまくる映画は久々に見た)
ということで最後の最後まで本当の真相がわかりません。
②だったらそのまま、①だったら最後の最後でもまだ真相が違ってるという。。。
サンプリングの話が唐突に出てくるのが何かの伏線なのか。。。やはり何かを真似ているということ?(お話自体がそういうことなのかもしれませんが)
そういやオープニングとエンディングのグリーンスクリーンのコンピュータ画面がフェアライトっぽく見えるという。
ロックバルーンは99とか当時の音楽が満載なのはよかったですね。

« 光ファイバー網を地震センサへ、という試みが。重力波を光の干渉で検出するのと原理は違うけど同じ光で重力、というのは面白い。 | トップページ | NISTがSI単位を再定義。質量がプランク定数に、温度がボルツマン定数に、電流が電気素量に、molがアボガドロ数に。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65953994

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アトミックブロンド」を観てきた。最後まで(でも?)誰が本当のことを言っているのかわからないスパイ映画。サンプリングが何の伏線?そして痛そう、、、:

« 光ファイバー網を地震センサへ、という試みが。重力波を光の干渉で検出するのと原理は違うけど同じ光で重力、というのは面白い。 | トップページ | NISTがSI単位を再定義。質量がプランク定数に、温度がボルツマン定数に、電流が電気素量に、molがアボガドロ数に。 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ