« 伝説のすた丼屋(京都河原町三条)で肉盛りすたみな麺を食す。 | トップページ | 怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関を読んだ。シュレディンガーの猫や多世界解釈を基にしたミステリ。 »

2017年10月10日 (火)

伽藍堂の殺人を読んだ。まさかバナッハ・タルスキーのパラドクスがテーマのミステリがあるとは、、、ポール・エルデシュがモデルの数学者十和田が出てくるミステリです。

バナッハ・タルスキーのパラドックスはこんなのです。
Wikipediaでは、

”バナッハ=タルスキーのパラドックス (Banach-Tarski paradox) は、球を3次元空間内で、有限個の部分に分割し、それらを回転・平行移動操作のみを使ってうまく組み替えることで、元の球と同じ半径の球を2つ作ることができるという定理”

と書かれている。
Doubling_of_a_sphere_as_per_the_ban
そしてこの本のあらすじは、
”謎の宗教団体BT教団の施設だった二つの館の建つ伽藍島。リーマン予想怪傑に関わる講演会のために訪れた(ポール・エルデシュがモデルの)放浪の数学者・十和田只人、天才・善知鳥神、宮司兄妹、そして数学者三名。講演のあと、不可能と思われるような瞬間移動で二人が殺される。一体どのようなトリックで殺されたのか?そして宮司や十和田の過去に何が起こっていたのか?”
というもの。
本当にバナッハ・タルスキーをモチーフにしたトリックです。びっくりした!
最近見たことないような大ネタです。
(これ以上はネタバレなので自粛)
まあちょっとS&Mシリーズ+館シリーズっぽすぎる(天才女性科学者+建築家がでるとどうしてもそうなる)のは置いといても、面白いです。
最後の驚愕の真相は、、、これは伏線で違和感がある、というのがあったので本当そういうことなのかな?と。全7巻まであるということで、次第に真相が明らかになるのでしょう。次も楽しみ。

« 伝説のすた丼屋(京都河原町三条)で肉盛りすたみな麺を食す。 | トップページ | 怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関を読んだ。シュレディンガーの猫や多世界解釈を基にしたミステリ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 伝説のすた丼屋(京都河原町三条)で肉盛りすたみな麺を食す。 | トップページ | 怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関を読んだ。シュレディンガーの猫や多世界解釈を基にしたミステリ。 »

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ