« 伽藍堂の殺人を読んだ。まさかバナッハ・タルスキーのパラドクスがテーマのミステリがあるとは、、、ポール・エルデシュがモデルの数学者十和田が出てくるミステリです。 | トップページ | Intelの17 Qubitの量子コンピュータチップのパッケージ、インターフェースが半田ボールじゃなくて40個SMAというか着脱可能な同軸コネクタ?斬新、、、 »

2017年10月11日 (水)

怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関を読んだ。シュレディンガーの猫や多世界解釈を基にしたミステリ。

昨日はバナッハ・タルスキーのパラドックスをモチーフにした伽藍堂の殺人を読みましたが、
今日は法月綸太郎さんのシュレーディンガーの猫やエヴァレットの多世界解釈をモチーフにした小説を読んだ。
あらすじは、
”伝説のSF作家が遺した未発表原稿「多世界の猫」を盗んでほしい。実はあれは人工知能ストーリーマシンによって書かれた贋作なんだ、と怪盗グリフィンは依頼を受けた。
しかしその小説は動物愛護団体やCIAも行方を追っていたものだった。一体、多世界の猫は本物なのか?そして一体何がかかれているのか?”
というもの。
しかし、、、うーん、ちょっと量子力学の話がおまけっぽすぎなような気がする。
例えば、グレッグ・イーガンという作家さんがいて、この方はもともと物理出身なので
物理を活かして本当にありそうなSFを描かれる。例えば万物理論とか参照。
それと比べるとちょっと残念。法月さんは好きな作家なだけに、あまりこういう主題はやってほしくないなー、と思ったり。

« 伽藍堂の殺人を読んだ。まさかバナッハ・タルスキーのパラドクスがテーマのミステリがあるとは、、、ポール・エルデシュがモデルの数学者十和田が出てくるミステリです。 | トップページ | Intelの17 Qubitの量子コンピュータチップのパッケージ、インターフェースが半田ボールじゃなくて40個SMAというか着脱可能な同軸コネクタ?斬新、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/65896457

この記事へのトラックバック一覧です: 怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関を読んだ。シュレディンガーの猫や多世界解釈を基にしたミステリ。:

« 伽藍堂の殺人を読んだ。まさかバナッハ・タルスキーのパラドクスがテーマのミステリがあるとは、、、ポール・エルデシュがモデルの数学者十和田が出てくるミステリです。 | トップページ | Intelの17 Qubitの量子コンピュータチップのパッケージ、インターフェースが半田ボールじゃなくて40個SMAというか着脱可能な同軸コネクタ?斬新、、、 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ