« #仮面ライダービルド 第15話の黒板の数式は、、、黒板をはみ出して部屋中に。流体力学極限で粘性をミクロから計算とかそういうやつ?⇒佐々さんの「ハミルトン粒子系から流体方程式へ」でした! | トップページ | 福岡道雄 つくらない彫刻家@国立国際美術館を観てきた。何もすることがない、などの繰り返しにどよーんとした気分になる。。。 »

2017年12月17日 (日)

#NHKスペシャル 12/17は「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」でした。速記メモ。日本が石炭火力発電所を輸出することで非難されているとは、、、

アラブ首長国連邦。今ここで、新たな革命が起きようとしている。

何もない砂漠に、エネルギーがある?
世界最大の太陽光発電所。300万枚で原発一基分。
2.6円/キロワットアワー。日本の火力の1/5.劇的な価格破壊だ。
中国も動き始めた。石炭発電所を廃止。パンダをかたどった巨大な太陽光発電所も作っている。
こうした流れはパリ協定から始まった。
二酸化炭素の削減にとどまらず、実質0、脱炭素社会を目指すことを示した。
ただ、アメリカは脱退。
しかしビジネスと一体化した脱炭素の動きは止められない。
巨額の投資がなされている。
だが、日本は世界の潮流から取り残されようとしている。
先月の国際会議でも厳しい批判にさらされた。
日本企業も危機感を強めている。
18世紀、石炭を燃やすことで始まった産業革命。今起きている脱炭素の動きはどう世界を変えようとしているのか?とここまでがイントロ。
---
ドイツ ボン。先月6日 COP23が開幕した。会議には世界197の国と地域が参加。パリ協定を実施するルールを作っていた。
だが、会議場の外に目を向けると多くのビジネスマンがいた。
みんなビジネスの話をしている。
2年前のパリ協定の採択は、気球温暖化を2℃未満に抑えること。
このためには実質、CO2排出量をゼロにしなければならない。
アメリカ企業が作ったパビリオンにビジネスマンが向かっていく。政財界の大物も集結。
カリフォルニア州の知事も、パリ協定にとどまる、トランプはもういない、と演説する。
コカ・コーラ、マイクロソフトもシンポジウムで排出量ゼロを目指すと語る。
アメリカ政府の方針に反して約束している。
なぜ企業が?
ウォルマートも巨大ハリケーンで店舗が浸水したり年間22億円の損害が出ている。
温暖化による異常気象を食い止めるのがビジネスの最優先事項だと語る。
ウォルマートは、店舗の屋上に太陽光パネルを設置、店で使う電力をすべて賄う計画だ。
配送トラックのドライバーにもエコドライブを徹底させ、照明もLED化などした結果、
巨額の利益を得たのだ。1000億円以上だ。
脱炭素が金を生む。世界の企業が走り出している。
この動きを加速させているのはマネーの流れの変化だ。
投資家の動きが変わった。
COP23には金融界の大物も。バンクオブアメリカ・メリルリンチ、JPモルガン・チェース、シティグループも何十兆円も投資すると語った。
パリ協定は今後、世界で排出できるCO2に上限を設けた。
あと25年ほどで上限に達してしまう。このため、地中にある2/3の化石燃料は使えない。
化石燃料関連の投資から次々撤退している。
再生可能エネルギーや脱炭素を表明した企業に乗り換えている。
2014年、ロックフェラー兄弟ファンドも化石燃料投資から撤退した。
石油の採掘で巨万の富を得たロックフェラーが!5代目が長期的に見ればとても良い決断、気候変動と戦うだけでなく、利益をもたらすと語る。
そこで目をつけたのは中国。
中国の環境ビジネスの起業と面談を繰り返していた。
数年前まで温暖化は先進国の責任としていた中国、しかし習近平はエコ文明を打ち出した。
政策転換は深刻な大気汚染から来ている。
およそ100基の石炭発電所の計画を廃止。
充電スタンドの整備も進めている。
太陽光と風力の導入が急増。この5年で4倍になった。
COP23の中国パビリオンでは積極的に商談が繰り返されていた。
その中に、太陽光発電会社のCEOがいた。
パンダ!をかたどった巨大な太陽光発電所。
Panda
発電量は50MW。5万世帯分の電力を発電。10億ドルを投資してくれたら世界中に発電所を作ると語る。
--
リスク、マネー、中国、脱炭素の潮流はもはやだれにも止められない。
一方日本は?
脱炭素を目指す企業が現れ始めている。
リコー。環境対策のトップランナー。加藤茂夫さんが責任者でCOP23への派遣を命じられた。
社長の山下良則さんから直接。
工場で使う電力の一部に再生可能エネルギーを使い、LED照明化など、そこをCOP23でアピールしようとした。
ドイツ・ボン。リコーを始め12社の日本企業がCOP23を訪れた。
日本政府のパビリオンでもアピールしていた。
ところが、、、
COP23の会場では、日本が石炭火力発電所の輸出を表明したことに大きなブーイングを受けた。また火力発電所に融資していることに失望しているとも言われた。中国でさえ理解しているのに、と。
日本の高効率石炭火力発電所は今までより16%効率向上で、アジアを中心に輸出している。
こうした動きは世界の動きから取り残されようとしている。イギリスの保険会社アビバ・インターナショナルも投資を中止。気候変動は保険会社にとって存続にかかわるリスクだという。LIXIL、積水ハウスの方々もかなりショックを受けられていた。
戸田建設は風力発電を手掛けてきた。長崎 五島列島に洋上風力発電を作った。浮体式は水深の深い海でも使える。佐藤郁さんがプロジェクトに関わってきた。
実用化したのは世界でも2社。
しかし稼働しているのは1基だけ。
開発を初めて10年、1円も儲かっていない。
なぜ再生可能エネルギーが普及しない?
発電コストが高い。広い土地が少なく、人件費も下がっていない。
作った電気を自由に売れない。送電網には安定供給の妨げとして制限をかけている。
今は火力発電が83.4%。再生可能エネルギーは7.7%。政府はこの割合を13~15%に引き上げることを目標にしている。
一方、ヨーロッパでは?
ドイツでは27.7%に達している。
送電網に大量に流れ込む再生可能エネルギーを制御している。
優先的に送電網に接続している。
中国では?
アラブ首長国連邦のスワイハン太陽光発電プロジェクト。2.6円/キロワットアワーという破格の安さになる予定だ。
300万枚の太陽光パネルは中国のジンコ・パワーが受注した。
世界シェアトップだ。値段が安いだけでなく、厳しい砂漠の環境にも耐えられるという。
上海にオペレーションルームがある。
自社の太陽光パネルの稼働状況を監視している。
23か国で事業を起こなっている。
---
戸田建設の佐藤さんは日本企業に何が求められているのかヒントを得ようとしていた。
カーボントラッカーという会社に意見を聞いた。
技術はある。ないのは変わる勇気だ、と諭される。
19世紀のテクノロジーになぜ時間と頭脳をつぎ込むのか?と。
変わらなければ取り残される。これは新しい産業革命だと。
佐藤さんが泣き出してしまう、、、まさに日本のトップエンジニアが再生可能エネルギーに関われていないことにショックを受けて、、、
佐藤さんはある行動を起こしていた。
ある投資家に会いに行った。あの浮体式のを見せたらぜひやれ、と言われた。
なぜ日本はこれだけの技術があるのにやってないんだ、と。
リコーの加藤さんも動き始めた。
宅配のDHLへ向かう。2050年までに排出量を0にすると宣言。
世界の18%は物流産業が出している。脱炭素のリーダーになることは投資も呼び込むし、地球にもいい。
配達に使う車は電気自動車で現状の9200台を変える予定だという。
ベンチャー企業を買収し、自社で開発していた。
自動車メーカーと交渉したが、以前の配送車と同じコストではできなかった。
リコーさんもちゃんとやってほしい、と言われた。
1年後2年後にはお願いではなくて、やらないなら取引先としては認められないということになるんだろうな、と確信したという。
---
日本に戻ったリコーの加藤さん。講演を行っていた。
危機感を訴えた。今変わらなければ生き残れないと。
全世界で展開しているのに、日本だけが進んでいないと。
---
戸田建設の佐藤さんも、投資家が大きな関心を持ってくれたので世界に打って出るべきだと報告。また共同開発している企業にも次々開発すべきだと議論。

« #仮面ライダービルド 第15話の黒板の数式は、、、黒板をはみ出して部屋中に。流体力学極限で粘性をミクロから計算とかそういうやつ?⇒佐々さんの「ハミルトン粒子系から流体方程式へ」でした! | トップページ | 福岡道雄 つくらない彫刻家@国立国際美術館を観てきた。何もすることがない、などの繰り返しにどよーんとした気分になる。。。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

洗脳番組みたいで気持ち悪かった

そりゃ儲かってないなら進むわけがないのは当たり前
それを精神論にすり替えてる

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66169758

この記事へのトラックバック一覧です: #NHKスペシャル 12/17は「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」でした。速記メモ。日本が石炭火力発電所を輸出することで非難されているとは、、、:

« #仮面ライダービルド 第15話の黒板の数式は、、、黒板をはみ出して部屋中に。流体力学極限で粘性をミクロから計算とかそういうやつ?⇒佐々さんの「ハミルトン粒子系から流体方程式へ」でした! | トップページ | 福岡道雄 つくらない彫刻家@国立国際美術館を観てきた。何もすることがない、などの繰り返しにどよーんとした気分になる。。。 »

最近の記事

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ