« 映画「キングスマン ゴールデンサークル」を観てきた。あの超大物歌手が本人役で出演、しかも最強? サイコなジュリアンムーアもよかったがハンバーグ、、、そしてあのシーン、旦那さんが中に手を入れてたって! | トップページ | 西宮の日野神社でお参り。 »

2018年1月 9日 (火)

「闇に香る嘘」を読んだ。失明している主人公の前で何が行われていたのか?と中国残留孤児の問題を取り扱った興味深い作品。

第60回江戸川乱歩賞受賞作。
あらすじは「若くして失明した村上和久。孫娘が腎臓に重大な病気を抱えており、腎臓移植をしようとしたが適さないほど自身も腎臓が悪かった。なんとか孫娘の役に立とうと兄の竜彦を頼るが、移植どころか検査も断られる。兄は27年前、中国残留孤児として帰国していたがその時から和久は失明しており、姿を確認できなかった。兄は本当に兄なのか?疑いを抱いた和久は自ら調べ出すが、さまざまな妨害にあう。」
というもの。
見えない周りで一体何が行われていたのか、そして兄は本当に兄なのか?という真相は全然予想と違ったものでした。これはびっくり。もっと殺伐としたお話なのかと思ったら実はしみじみいいお話だった!(これはネタバレか?)
ミステリには最近あんまりなかった読後がすがすがしい感じ(でも前半はめちゃくちゃサスペンス感ある)。

« 映画「キングスマン ゴールデンサークル」を観てきた。あの超大物歌手が本人役で出演、しかも最強? サイコなジュリアンムーアもよかったがハンバーグ、、、そしてあのシーン、旦那さんが中に手を入れてたって! | トップページ | 西宮の日野神社でお参り。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66241173

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇に香る嘘」を読んだ。失明している主人公の前で何が行われていたのか?と中国残留孤児の問題を取り扱った興味深い作品。:

« 映画「キングスマン ゴールデンサークル」を観てきた。あの超大物歌手が本人役で出演、しかも最強? サイコなジュリアンムーアもよかったがハンバーグ、、、そしてあのシーン、旦那さんが中に手を入れてたって! | トップページ | 西宮の日野神社でお参り。 »

最近の記事

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ