« 野菜たっぷり麺の比較、リンガーハット、近江ちゃんぽん、そして王将。 | トップページ | 「あぶない叔父さん」(麻耶雄嵩さん)を読んだ。なんだこの真相は、、、驚愕。 »

2018年3月15日 (木)

故・スティーブン・ホーキングさんが使われていたスピーチマシン詳細(IntelのACATなど)

ホーキングさんがお亡くなりになった。追悼の意を込めて、使われていた機材を紹介。

詳細がご自身のウェブサイトに書かれている。
Lenovo Yoga 260 provided by Lenovo and Intel
Intel® Core™ i7-6600U CPU
512GB Solid-State Drive
Windows 10
ACAT interface software provided by Intel

Speech Synthesizers (3 copies):
Manufacturer - Speech Plus (Incorporated 1988, Mountain View, CA)
Model - CallText 5010
Speaker and amplifier provided by Sound Research

Permobil F3 wheelchair provided by Permobil

レノボのヨガ260に、文字入力としてはACATというインテルのソフトウェアが導入されている。

1016114417337708971

これはASSISTIVE CONTEXT-AWARE TOOLKIT (ACAT)の略で、

今は、オープンソースのプラットフォームになっている。Githubにソースなどがある。

https://github.com/intel/acat
WiredやGIZMODOの記事に詳しい。
視線入力やEEG(脳波)入力ではうまくいかず、頬スイッチ+スマートフォンのような予測入力を高度にするとこで対応していたようですね。
音声はSpeech PlusのCallText5010.
DECtalkから来ているそうです。
車椅子はこちら。

« 野菜たっぷり麺の比較、リンガーハット、近江ちゃんぽん、そして王将。 | トップページ | 「あぶない叔父さん」(麻耶雄嵩さん)を読んだ。なんだこの真相は、、、驚愕。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66497346

この記事へのトラックバック一覧です: 故・スティーブン・ホーキングさんが使われていたスピーチマシン詳細(IntelのACATなど):

« 野菜たっぷり麺の比較、リンガーハット、近江ちゃんぽん、そして王将。 | トップページ | 「あぶない叔父さん」(麻耶雄嵩さん)を読んだ。なんだこの真相は、、、驚愕。 »

最近の記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ