« 「ターナー風景の詩」展@京都文化博物館へ行ってきた。 | トップページ | ココイチでスパイスカレー THEポークを食す。 »

2018年3月20日 (火)

Touchstoneフォーマット(Sパラメータの)、2ポートとそれ以上でデータの並び方が違う問題。ver2ではオプションで修正できるって知らなかった。。。

SパラメータデータのデフォルトスタンダードファイルフォーマットであるTouchstone。

ついこの間まで私はver1.0 (ver1.1)しか知らなかった。
このフォーマット、2ポートの時のデータの並びが、

<frequency value> <N11>, <N21>, <N12>, <N22>

というように21、12の順に並ぶのに、

3ポート以上は

<frequency value> <N11> <N12> <N13> <N14>
<N21> <N22> <N23> <N24>
<N31> <N32> <N33> <N34>
<N41> <N42> <N43> <N44>
と12、13のように並ぶのだ。
Touchstone
こんなめちゃくちゃな仕様ないなあ、、、とは思うが仕方ないので使っていた。
ところが、実は最新(といっても2009年制定)のver2.0はこれを修正する方法があるのを最近、初めて知った。
(実はIBIS Open Forumが仕様作っている)
これによると、
[Two-Port Data Order]
というオプションがあって、
これを12_21 にするか 21_12にするかで順序が変わる。
※あと、特性インピーダンスがver1では全ポート同じなのが、
[Reference] オプションで変えられるようにはなった。でも相変わらず実数で、周波数依存性は無視。
しかしver2.0を出力するのって私はKeysightのADSしか見たことない(てか、ADSのファイルを見ていて今回の話に気づいたという)。
ネットアナもver1.しか出力しないし、、、
まあ参考まで、ということで。
 

« 「ターナー風景の詩」展@京都文化博物館へ行ってきた。 | トップページ | ココイチでスパイスカレー THEポークを食す。 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66515544

この記事へのトラックバック一覧です: Touchstoneフォーマット(Sパラメータの)、2ポートとそれ以上でデータの並び方が違う問題。ver2ではオプションで修正できるって知らなかった。。。:

« 「ターナー風景の詩」展@京都文化博物館へ行ってきた。 | トップページ | ココイチでスパイスカレー THEポークを食す。 »

最近の記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ