« 「真実の10メートル手前」(米澤穂信さん)を読んだ。短編集だがどれを読んでも重ーい読後感。。。。 | トップページ | 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! »

2018年4月 3日 (火)

「ゴーグル男の怪」(島田荘司さん)を読んだ。高速増殖炉の燃料製造会社での臨界事故をモチーフに、、、でもゴーグルの真相はこけた。

いかにも島田さんらしい導入部でゴーグル男の奇妙さ(ゴーグルをかけている部分だけ皮膚が溶け落ちて赤黒い筋肉が露出)が焼き付けられる。
煙草屋の老婆が殺された現場でそのゴーグル男が目撃される。
そして高速増殖炉の燃料製造会社での臨界事故で、作業員たちが皮膚が溶け落ちて筋肉が露出しているところが描写され、、、
という大掛かりなギミック!そしてその真相は、、、
え!あれ全く関係なかったの!そしてゴーグル内が赤い理由がそれ!
ちょっと脱力、、、
お札のマーカーはさらに脱力、、、
もしかして2つともギャグなの?
でも面白かったです。一番かわいそうなのは妹じゃないのか、と思いますが。

« 「真実の10メートル手前」(米澤穂信さん)を読んだ。短編集だがどれを読んでも重ーい読後感。。。。 | トップページ | 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66536898

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーグル男の怪」(島田荘司さん)を読んだ。高速増殖炉の燃料製造会社での臨界事故をモチーフに、、、でもゴーグルの真相はこけた。:

« 「真実の10メートル手前」(米澤穂信さん)を読んだ。短編集だがどれを読んでも重ーい読後感。。。。 | トップページ | 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ