« 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! | トップページ | カオスを生じるロジスティック写像を厳密解と精度保証付き桁数の多い計算(カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jp)で桁数102桁まで変えて比較してみる。 »

2018年4月 5日 (木)

「去年の冬、きみと別れ」を読んだ。ああ、なるほど○○トリックじゃないのに騙される、、、映像化できたのも納得。

映画化もされたということで遅ればせながら読んでみた。
あなたもきっと騙される、というようなキャッチコピーが映画についていたのでこれはまあ○○トリックだろうなあ、と思って読んでいて、最初の方はそれっぽいな、と思っていたのだが結末は全然違いました。
あらすじは、「ライターの”僕”は二人の女性を焼き殺すという猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は死刑判決を受けていた。彼の本を書くために関係者に話を聞いて回る”僕”。しかし全員どこか歪んでいる。一体真相は、、、」
というもの。
これはギリギリ映像化できる(時系列を変えれば)作品ですね。面白かったです。

« 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! | トップページ | カオスを生じるロジスティック写像を厳密解と精度保証付き桁数の多い計算(カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jp)で桁数102桁まで変えて比較してみる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66563101

この記事へのトラックバック一覧です: 「去年の冬、きみと別れ」を読んだ。ああ、なるほど○○トリックじゃないのに騙される、、、映像化できたのも納得。:

« 「魔女の胎動」(東野圭吾さん)を読んだ。ラプラスの魔女の前日譚の短編集。乱流を暗算で計算できる魔女! | トップページ | カオスを生じるロジスティック写像を厳密解と精度保証付き桁数の多い計算(カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jp)で桁数102桁まで変えて比較してみる。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ