« 「殺竜事件」(上遠野浩平さん)文庫版を読んだ。ファンタジー+ミステリはいつも面白いな! | トップページ | #仮面ライダービルド 第34話の話数を表す数式はまたも巨大数、スキューズ数(第一スキューズ数SK1<10^(10^(10^34)))! »

2018年5月 5日 (土)

映画「ラプラスの魔女」を観てきた。櫻井さん「ラプラス方程式」福士くん「ナビエ・ストークス方程式」広瀬さん「乱流計算は困難」志田さん「ミャンマー」

原作を読み、またその前日譚の「魔女の胎動」も読んでいたので楽しみにして観に行った。
20180210_142523
かなり原作に沿って作られており、十分楽しめる展開でした。
櫻井翔さんが「ラプラス?あの数学者の?ラプラス方程式とかラプラスの悪魔の?」
「Snow ball earthと言います」と言ったり
福士蒼汰くんと広瀬すずさんが「ナビエ・ストークス方程式を解くんだ。乱流はまだ困難だけれど」「竜巻やダウンバースト」
などと言い合う場面が面白い。
Laplace
ただ、ナビエ・ストークス方程式が解けないという意味は、そういう意味じゃない(ってどういう意味だ)。普通の数値計算では十分な精度がある場合が多いが、クレイの賞金が出るミレニアム賞の話はこういうことなので。
まあそれはそれとして、、、
あ、そういやハイゼンベルクも神に会ったら聞きたいことのリストになぜ乱流?とあげた話を思い出した。
ちなみにラプラスの悪魔についてラプラスが語った(のの英訳)はこちら。
ちょっと時系列が分かりにくいところがある(広瀬さんの前髪で時系列がわかるが、、、)
のと、高嶋政伸さんが「もうしわけございません」くらいであんまり活躍しないのは残念。
最後のシーンの広瀬すずさんはかわいかった。あの帽子とか。
志田未来さんが最後に白衣を取ると背中にミャンマーと書いてあったのが最大の謎、、、
---
ちなみにサマーウォーズの健二くんは頭が量子コンピュータだと思う。
Shorのアルゴリズムについて電車で読んでいたし、あの素因数分解の速さは、、、
円華たちのは速い通常コンピュータのような気もするがどうなんだろう、、
前にも書いたけれど、続編は頭が量子コンピュータの人との闘いがいいな、とか。
--
あと、完全に文系の人がこの作品読んでも(観ても)、魔法とか超能力と区別できないのではないかと思ったり。高度に発達した・・・というか、超能力の予言と変わらない。

« 「殺竜事件」(上遠野浩平さん)文庫版を読んだ。ファンタジー+ミステリはいつも面白いな! | トップページ | #仮面ライダービルド 第34話の話数を表す数式はまたも巨大数、スキューズ数(第一スキューズ数SK1<10^(10^(10^34)))! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66683782

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラプラスの魔女」を観てきた。櫻井さん「ラプラス方程式」福士くん「ナビエ・ストークス方程式」広瀬さん「乱流計算は困難」志田さん「ミャンマー」:

« 「殺竜事件」(上遠野浩平さん)文庫版を読んだ。ファンタジー+ミステリはいつも面白いな! | トップページ | #仮面ライダービルド 第34話の話数を表す数式はまたも巨大数、スキューズ数(第一スキューズ数SK1<10^(10^(10^34)))! »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ