« #ビーバップハイヒール 5/31の特集は”1つの薬が世界を救う 新薬開発の舞台裏”でした。速記メモ。 | トップページ | 「万引き家族」の先行上映を観てきた。やはり子役がうまいなあ。そして安藤サクラさんと松岡茉優さんの脱ぎっぷり。 »

2018年6月 2日 (土)

「瑕疵借り」(松岡圭祐さん)を読んだ。人の死なない女性が主人公のうんちくミステリ、人が死ぬ歴史もの、に続く第三の作風になってる!

松岡圭祐さんと言えば人の死なないミステリ(万能鑑定士Qとか、水鏡推理とか)で有名でしたが、最近はちょっと島田荘司さんのような歴史ミステリが続いていた。
で、この作品。また作風が変わった!
瑕疵というのは瑕疵物件で、要するに訳ありの不動産物件。
原発関連死、謎の自殺、家族の不審死、、、瑕疵物件に移り住む藤崎。
その先々で藤崎は瑕疵の原因を突き止めていく、という作品。
藤崎がまああんまりさえなくて愛想がいいともいえない30代の男で、松岡さんにしては珍しい主人公が真相を(どちらかというと安楽椅子探偵的に)突き止めていく社会派ミステリになっています。これはシリーズ化しそうですね。

« #ビーバップハイヒール 5/31の特集は”1つの薬が世界を救う 新薬開発の舞台裏”でした。速記メモ。 | トップページ | 「万引き家族」の先行上映を観てきた。やはり子役がうまいなあ。そして安藤サクラさんと松岡茉優さんの脱ぎっぷり。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66765373

この記事へのトラックバック一覧です: 「瑕疵借り」(松岡圭祐さん)を読んだ。人の死なない女性が主人公のうんちくミステリ、人が死ぬ歴史もの、に続く第三の作風になってる!:

« #ビーバップハイヒール 5/31の特集は”1つの薬が世界を救う 新薬開発の舞台裏”でした。速記メモ。 | トップページ | 「万引き家族」の先行上映を観てきた。やはり子役がうまいなあ。そして安藤サクラさんと松岡茉優さんの脱ぎっぷり。 »

最近のコメント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ