« 浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族を読んだ。 犬神家の一族、よりも○○館の殺人のような本格ミステリか?方程式を使ったら死ぬ、という数え唄が、、、鶴亀算・流水算・年齢算・時計算など登場。 | トップページ | 樹脂に粉を混ぜたときなど混合物の誘電率の計算に使われるMaxwell-Garnettモデルをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP! »

2018年7月18日 (水)

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い!

実は3か月くらい前に上野の国立西洋美術館でも見た(のを忘れていた、、、あの時は人体展を観に行ったついでだったので、、、)。館前のポスターを観てようやく思い出した、、、

でもあの時もよかったので再訪問。
20180716_142428
20180716_143151  
20180716_151406  
前回見たときに哲学者をルーベンスとベラスケスが違った風に描き分けているのと、マルスがなんで裸なのか、なんで母乳が飛んでいるか(!)は予習済みなので、今回はじっくりと絵を見ることができました。
圧倒的に東京と比べて人が少なくて絵が近いので非常に楽しめました。30㎝以下で絵が観られるのはやっぱりいい。
やっぱり東京で美術展見るのは無理がある、、、
一度見た方もお勧め。

« 浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族を読んだ。 犬神家の一族、よりも○○館の殺人のような本格ミステリか?方程式を使ったら死ぬ、という数え唄が、、、鶴亀算・流水算・年齢算・時計算など登場。 | トップページ | 樹脂に粉を混ぜたときなど混合物の誘電率の計算に使われるMaxwell-Garnettモデルをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP! »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66947762

この記事へのトラックバック一覧です: プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い!:

« 浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族を読んだ。 犬神家の一族、よりも○○館の殺人のような本格ミステリか?方程式を使ったら死ぬ、という数え唄が、、、鶴亀算・流水算・年齢算・時計算など登場。 | トップページ | 樹脂に粉を混ぜたときなど混合物の誘電率の計算に使われるMaxwell-Garnettモデルをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP! »

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ